あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉恭三、以下AD)、トヨタファイナンシャルサービス株式会社(社長:犬塚力、以下TFS)、トヨタ自動車株式会社(社長:豊田章男、以下トヨタ)の3社は、2016年4月1日、共同出資会社トヨタインシュランスマネジメントソリューションズUSA,LLC(以下、TIMS)を設立しました。

ADとTFSは各々の米国子会社を通じて出資し、トヨタは本年1月に米国に設立したトヨタコネクティッドInc.(以下、TC)を通じて出資します。

新会社は、TCの最先端のデータ分析、TFSの金融とADのテレマティクス自動車保険の開発支援を行うとともに、保険分野でのビッグデータの分析とアルゴリズムの開発、マーケティング等の活動も行います。

TIMSは今後、トヨタのグローバル事業と連動した展開も視野に入れています。また、蓄積する保険データを活用し、トヨタが人工知能やロボティクス分野の研究拠点として設立したToyota Research Institute,Inc.とも連携していく予定です。

(2016年4月19日)