配当の仕組みとは?

 保険は、「配当」の有無や種類によって商品の特性もさまざまです。そこで、保険の「配当」のしくみと種類について知っておきましょう。

配当とは?

 生命保険は、主に契約者から徴収した保険料を財源として運営をしています。保険会社はその運営に必要な費用を「予定率」によってあらかじめ設定し、保険料を計算しています。予定率は、以下の3つについて計算されます。

  1. 予定利率
  2. 予定死亡率
  3. 予定事業比率

予定利率とは

保険会社は、保険料の一部を積み立て、将来の保険金の支払いに備えて資金を運用しています。この資産運用による収益率(運用利回り)をあらかじめ見積もった率を予定利率といいます。

予定死亡率とは

性別や年齢ごとの人口に対する1年間の死亡者数の割合を推定したものを予定死亡率といいます。

予定事業費率とは

保険の運営や管理をするために必要な費用(たとえば、新契約の募集、保険料の集金、契約の保全、保険金の支払い、資産の運用など)の割合を推定したものを予定事業費率といいます。

また、実際の運営では、ほとんどの場合は死亡者数や運用利回り、事業費の金額は予定した金額とは異なります。予定率による費用と実際にかかった費用の差は、それぞれの予定率に対応して

  1. 利差:予定利率と資産運用における実際の利回りの差。予定利率よりも実績利回りが高い場合には差益となる。
  2. 死差:予定死亡率と実際の死亡率の差。予定死亡率よりも実際の死亡率が低い場合には差益となる。
  3. 費差:予定事業費と実際の事業費の差。予定事業費よりも実際にかかった事業費が少ない場合には差益となる。

とよびます。

予定利率と余剰金の関係

上記の差額は毎年度の決算時に計算され、差益であれば「剰余金」と呼びます。「剰余金」は一定額を超えていれば保険契約者に対して還元し、これを「契約者(社員)配当金」と呼びます。運用環境や経営状況によっては、剰余金が生じずに配当金が出ないこともあります。
ただ、生命保険は契約期間が長期である性格上、予定率が保守的に見積もられていることが多く、差益が発生しやすい仕組みになっています。もちろん、保険会社の経営努力によって事業費が予定よりも小さく抑えられることもありますが、生命保険の配当金の大部分は、契約者から受取った保険料の清算や割戻しにあたります。したがって、株式の配当金とはしくみが大きく異なります。

配当の分配方式

配当を分配する方式には、主に以下の4種類があります。

  1. 積立配当
  2. 相殺配当
  3. 現金配当

積立配当

分配された配当金を保険会社がそのまま預かり、契約者の口座に積み立てておく方式。積み立てた配当金には一定の利息がつき、契約者から請求があったときや、契約が消滅した時には保険会社から契約者に支払われます。個人の契約ではこの方式が多く用いられ、近年は契約者が自由に引き出せる商品も増えています。

保険金買い増し

配当金を一時払い保険料として、その金額で買える保険を買い増す方式。主に養老保険の買い増しに用いられます。

相殺配当

配当金をこれから払い込む保険料と相殺する方式。

現金配当

配当金を契約者に現金で支払う方式。