自宅が古くなってくると、地震や強風で自宅の瓦が落ちて他人にけがをさせたらどうしよう、と心配になる人もいるのではないでしょうか。地震や強風でなくても建物の長年の劣化で瓦が落ちることもあるかもしれません。もしその瓦で他人に大けがや、後遺障害が残るようなけがをさせてしまったら・・・。

今回は損害賠償責任が発生した時に頼りになる個人賠償責任保険と、瓦が落ちたことの法律上の責任の2つのポイントについてお話ししましょう。

個人賠償責任保険とは?

個人やその家族が、住宅の管理や日常生活で誤って他人にけがをさせたり他人の物をこわしたりすると、法律上の損害賠償責任が発生します。賠償金や弁護士等の費用を支払った時に、その金額を補償してくれるのが個人賠償責任保険です。単独で契約することもできますが、最近では火災保険や自転車保険、傷害保険などに特約として加入する方法、クレジットカードの付帯サービスなどで加入する方法が主流です。

個人賠償責任保険の特徴について確認しておきましょう。

保険料が手ごろ

保険期間1年で1億円など高額な補償でも2,000円から3,000円程度の保険料です。手ごろなためか、うっかり重複して加入している方も見受けられます。火災保険、自動車保険、傷害保険、特にカードに付帯されている傷害保険などの特約をチェックしておきましょう。
また、商品によっては国内の事故に限定している商品もありますので、海外赴任する方などは注意が必要です。

家族全員が補償対象
 
1つの契約で家計を共にしている同居家族は、全員が補償対象です。また別居していても、仕送りをしている未婚の子ども、下宿している大学生の子どもなどが損害賠償責任を負ってしまった時も補償されます。

保険金支払いの対象は?

  1. 治療費・修理費・慰謝料などの損害賠償金
  2. 弁護士費用、訴訟になった時の費用、調停・和解・仲裁にかかった費用

他人の「身体」や「財物」に与えた損害が対象です。名誉棄損やプライバシーの侵害などは支払い対象外です。

具体的には・・・

  • 買い物中に子どもが商品を落として壊してしまった。
  • 散歩中に犬が通りがかりの人に噛みついてけがをさせた。
  • 自転車で人にぶつかって後遺障害が残るけがを負わせた。
  • ベランダから植木鉢が落ちて歩いている人をけがさせた。
  • 子どもがキャッチボールをしていて隣の家の窓ガラスを割った。

特に自転車の事故では数千万円の損害賠償判決も数多く出ています。自転車保険もありますが、自転車事故が原因の賠償金に限定されてしまいます。日常生活のうっかりからの思わぬ賠償責任を負ってしまった時のためには、個人賠償責任保険が役に立ちます。

そもそも法律上の損害賠償責任が発生するかどうか

それでは、今回のように落ちた瓦で他人をけがさせた場合、損害賠償の責任を負うことになるのでしょうか?

民法717条
「土地の工作物の設置または保存に『瑕疵』があることによって他人に損害を生じたときその工作物の占有者は被害者に対してその責任を負う」
民法の言葉はとても分かりにくいのですが、「工作物」を自宅の建物、「瑕疵」(かし)を法律上の重大な落ち度や欠陥と読み替えてみましょう。

住んでいる家の維持管理に重大な落ち度があった場合は、住人が被害者に損害を賠償すると読みとれますね。

そこでポイントになるのは屋根瓦が落ちた原因です。

自然災害が原因の場合
瓦が落ちた原因が地震や台風・竜巻のような自然災害であった場合は、通常、個人に賠償責任は発生しません。建っている家の維持管理が原因ではないという判断です。

自宅の維持管理に重大な落ち度がある場合
瓦が落ちた原因が自然災害ではなく、何十年と補修をしてこなかったことや、「落ちそうだな」とわかっていたのに補修をしなかったために起こった事故だとすると、損害賠償は免れません。ただし、築年数や住宅の性能などによって「重大な落ち度」の判断は難しく、実際の判断はケースバイケースとなります。

万が一の高額な賠償金に備える

損害賠償責任が発生するかどうかはケースバイケースというお話をしましたが、仮に責任が発生してしまった場合でも、個人賠償責任保険に加入していれば、賠償金や訴訟にかかった費用を保険金から支払うことができます。

被害者のケガが重く後遺障害が残った場合など、数千万円単位の損害賠償を請求されることもあります。個人賠償責任保険に加入しておくことで、そんな時にもお金だけは心配せずにすみます。起こる可能性は万が一でも、請求されたらとても預貯金では払いきれないという高額なお金ほど、保険で備えることが大切です。

人気の自転車保険ランキングを是非ご覧下さい