さて、日常生活賠償責任保険(個人賠償責任保険)って聞いたことがありますか?
このように質問をすると、多くの方が
「聞いたことがあるけど、よく分からない。」
「聞いたことがない。」
というような返答をします。

 では、「自転車保険って知っていますか?」
と聞くと、ほとんどの方が、「知っているよ。」とお答えになります。

 確かに自転車保険は、近年で非常に関心を持たれている保険ですので、皆さん知っているのでしょうね。
自転車保険の代表的な補償は、自分がケガをした時の補償もそうですが、他人にケガをさせてしまった時に補償をするというのが、最も重要な補償になります。

 その自転車保険の他人に対しての補償が「個人賠償責任」や「日常生活賠償責任」なのです。

個人賠償責任、日常生活賠償責任って何?

 賠償責任って言葉にすると、難しく感じますよね。
では、その賠償責任とは何なのかといいますと・・・
最近では、女子高生が高齢の女性ぶつかって後遺障害が残るケガを負わせてしまって1億円近い賠償命令が出たなんてこともありましたね。

 この様に、自分が他人をケガさせてしまったり、他人の持ち物を壊してしまった場合の、治療費や修理費、慰謝料を支払う義務のことが賠償責任なんです。

 自転車に乗っている時に、他人にぶつかってしまってケガをさせてしまうなんて事故が非常に多くあるので、自転車保険が一気に人気の保険商品になったのです。

 さて賠償責任は、なにも自転車に乗っている時のことだけではありません。
次のような場合にも、賠償責任は発生するのです。

  • 飼っている犬が他人を噛んでケガをさせてしまった。
  • 人にぶつかって、ものを壊してしまった。
  • デパートで陳列されていた商品を誤って落として壊してしまった。
  • 子どもとキャッチボールをしている時に誤って駐車している自動車にぶつけて傷つけてしまった。
  • 自宅の屋根の瓦が落ちて通行人にケガをさせてしまった。

などのケースがあります。
 ちょっと難しくいうと「法的に賠償責任が発生した際に補償する保険」ということになるのです。
法的にと言うと、「裁判にならないと保険は出ないの?」と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。
第三者に対してい自分が原因となって損害を与えてしまった場合には、保険の対象となります。

賠償責任保険に加入する際の注意点

 さて、現在のような訴訟が多くなっている社会では、この「賠償責任保険」が必要不可欠な保険とも言えるのですが、実は賠償責任保険だけを契約するのは、個人の方の契約では一般的ではありません。
通常は、賠償責任保険は特約として様々な保険商品につけることができますので、他の保険商品と一緒に特約として加入しているのです。
(※法人の場合には第三者賠償責任保険だけで加入するケースが多くあります)

 ではどのような保険商品に特約であるのかをご紹介します。

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 傷害保険

上記のような一般的なご家庭で加入しているような保険商品には特約としてつけることができます。
現在人気のある保険会社の保険商品であれば、ほとんどの商品で特約として選択することができます。
詳しくは各商品の詳細をご覧下さい。

▼自動車保険ランキングはこちら▼


▼持家住宅用火災保険ランキングはこちら▼


▼賃貸住宅用火災保険ランキングはこちら▼


▼傷害保険ランキングはこちら▼


賠償責任保険は家族の人数分必要?

 さて、賠償責任保険の重要性はお分かりいただけましたでしょうか?
多くの方が賠償責任保険は必要とは判断して特約の付帯をしているのですが、家族全員分の補償が欲しいというようなご要望も多くあります。

 この賠償責任保険は保険会社によって多少の違いはありますが、基本的には被保険者の同居の親族が補償対象の範囲となっていることが多いです。

 つまり、旦那さんが契約者、被保険者となっている自動車保険に特約としてつけると。奥さんやお子様も補償対象になるのです。

今後の社会では必要不可欠になる賠償責任保険

 保険の先進国のアメリカやイギリスでは訴訟が本当に一般的になっていますが、日本も徐々にそのような環境になっているのかもしれません。
そう考えると、賠償責任保険は今後の日本社会では必要不可欠な保険商品と言えるのです。
是非、賠償責任特約の付帯をご検討下さい。