車を持っていなくても入れる自動車保険があるのはご存知でしょうか。

一般的な自動車保険は所有している車に保険をかけますが、最近種類が増えてきた「一日からの自動車保険」は車を持っていなくても、人に保険をかけることで加入することができるのです。友達に車を借りたとき、帰省してたまに実家の車を使う時、少しだけ自動車保険って大丈夫だったかな、と考えてみてください。

1日からの自動車保険やドライバー保険を検討をお勧めしたい方

1日からの自動車保険やドライバー保険は「車は持っていないけれど、一時的に借りて自動車に乗る方」にお勧めする保険です。

そして1日からの自動車保険とドライバー保険の一番大きな違いは保険期間です。

1日からの自動車保険は1日単位で加入することができる保険で、新しい保険ですが種類も増えてきました。ドライバー保険は従来より商品としてあり、保険期間は1年となります。ここでは主に1日からの自動車保険のご案内をしていきます。

1日からの自動車保険ってどんな保険?

「車は持っていないけど友人に借りたて車を運転するときだけ補償がほしい」「親の車の自動車保険では補償されない、たまに借りたときだけ補償があればいいのに。」こんな要望に応えてくれるのが1日からの自動車保険です。

また1日からの自動車保険は最短で1日から、最長で7日間加入することができる商品が多いようです。7日間まで選ぶことができれば、泊りがけの旅行などでも十分対応できて安心ですね。

そもそも車に保険がついていれば大丈夫なのではないの?

1日からの自動車保険はわかったけど、そもそも車に保険がついていればわざわざ加入する必要はないんじゃないの?と思われる方もいらっしゃると思います。確かにレンタカーなどを借りるときは「1日からの自動車保険」は補償対象外であり加入する必要はありません。しかし友人からお車を借りた場合はどうでしょうか。友人が補償十分な自動車保険に加入していて、車を借りたあなたも補償を受けられるとしたら、わざわざ「1日からの自動車保険」は加入しなくてもいいか、と思ってしまうかもしれません。
しかしもし事故を起こしてしまい、友人の自動車保険を使えたとしても次のような問題が発生します。

1.免責金額が設定されていた場合、保険が使えても友人の自己負担が発生する。
2.事故があれば等級があがり*1、翌年からの保険料が上がる。
3.友人の保険を使用するにあたり、保険金請求手続きなどの面でも友人に負担がかかる。
*1過失の有無、事故の状況によっては等級が変わらない場合もあります。

とくに②のケースで3等級ダウンとなった場合、等級が戻るまで3年間かかります。そして今は事故有か事故無かでも保険料が変わりますので、より割高な保険料となります。もとの等級や補償内容にもよりますが、1度の事故で保険料が数十万変わることは十分にあり得るのです。それらの金銭的な負担を考えれば、「1日からの自動車保険」などを利用して備えておくことはとても大切なことです。

1日からの自動車保険・ドライバー保険

1日からの自動車保険はスマートフォンから簡単に手続きができるものばかりです。ドライバー保険もインターネットから加入できる商品もあります。また1日からの自動車保険は保険料も500円~、と加入しやすい設定です。車を少し借りるだけだから大丈夫、と安易に考えずに是非この機会にあなたに合った1日からの自動車保険・ドライバー保険を探してみてください。

人気のドライバー保険ランキングを是非ご覧下さい