自動車保険への加入はもちろんその補償内容をしっかりと理解して検討することが大切です。でも補償内容も決まりやれやれ申し込みを・・・と思った最後に迷うのが支払方法です。
最近は選択肢が増えて迷うことも多くなった支払方法について、どんな支払方法がありそれぞれどんなメリットや注意点があるのかを確認しておきましょう。

払い込み方法は各社多様化

まず選ばなくてはいけないのが、払い込み方法です。クレジットカード払い、銀行振り込み、ネットバンクによる振り込み、払込票による支払など、保険会社により様々な支払方法を用意しています。それぞれのメリットと注意点をまとめておきましょう。

払い込み方法によるメリットと注意点

保険会社により可能な払い込み方法は異なりますが一般的な払い込み方法をまとめてみました。

払い込み方法 メリット・特徴 注意点
クレジットカード払い 手数料はかからないのが一般的。
手続きが簡単。
カードによってはポイントが貯まる。
割引がつく場合もある。
クレジット会社によっては引き落としが
数か月先になることもあるため、入金を忘れがち。
銀行振り込み 窓口、ATMなど慣れた方法で振り込みができる。 銀行指定の手数料がかかる場合がある。
出向く時間、待ち時間がかかる。
ネットバンク 自宅で何時でも振込みが可能。 銀行指定の手数料がかかる場合がある。
口座振替 手数料はかからないのが一般的。
はじめに口座振替依頼書の提出が必要、
一度依頼書を提出すればその後手続きは不要。
銀行の確認など手続きに時間がかかる。
月払いの場合、保険料の引き落としが
できなかったことに気づきにくい。
コンビニ払い 手数料はかからないのが一般的。
夜でも買い物のついでにでも支払いができる。
高額な保険料の場合、対応していない場合がある。
コンビニに出向く手間がかかる。
払込票 手数料は保険会社負担の場合が多い。
・コンビニやネットバンク、銀行などで支払い可能
期日を過ぎると手数料は自己負担になる。

月払いと年払い、長期払いの違いは?

払い込みの方法以外に選ばなくてはならないのが、支払い回数です。保険会社によっては2年以上の長期契約もあります。月払いに比べて年払いや2年、3年の長期払いのほうが保険料は割安になるのが一般的です。しかし1回の保険料が高額になるため、家計の状況によっては月払いを選択することも必要です。

月払いと年払いや一括払いの特徴をそれぞれ比較してみましょう。

保険料の比較

保険料の損得だけなら一括払いがお得です。しかし保険会社や契約内容によってはその差が微小な場合もありますので、支払い回数による見積もりを出してもらいましょう。

また、2年、3年といった長期の契約で年払いできる会社もあります。保険料の負担は一括払いよりは軽くなりますので、あわせて比較してもらいましょう。

払い込み方法の選択肢を確認

保険会社によっては年払いや一括払いのほうが払い込み方法の選択肢が多い場合があるようです。
通販型の保険会社では、月払いは電話での申し込みのみ、銀行口座引き落としのみなどの制約をかけている場合もあります。一括払いが難しい場合は月払いの支払い方法の確認をしておきましょう。

保険料の支払いが滞るリスク

年払い、長期払いの場合、一度に高額な保険料を支払わなくてはならないケースもあります。保険料後払いの場合クレジットカード払いの場合など、申し込みから保険料の引き落としまで1~2か月先になることがあります。必ず保険料の引き落としができるように入金しておくことが必要です。

月払いの場合は、毎月の生活費の口座が引き落とし口座となる場合が多いでしょう。この場合はうっかり引き落としができないことが続くと、保険契約自体解除されてしまう可能性もあります。保険会社の支払いの条件などをよく確認し、知らないうちに無保険車になっていた、ということがないように気を付けましょう。

保険料の支払方法を選ぶ際に大切なこと

以上、保険料の払い込み方法や支払回数について考えてみました。
損得はいずれにしても最も大事なことは保険料をきちんと払って、事故が起きた時にしっかりと備えることです。せっかく加入手続きが完了していても支払が遅れてしまってはいざという時に対応に遅れがでたり、「保険が使えない」なんて事態に陥ることもあります。

自動車保険の加入や更新をきっかけに家計の状況をしっかりと把握し、毎月の家計から無理なく保険料が引き落とせるのか、まとまった保険料を支払っても年間の家計が困らないのかを確認してから、支払い方法を選びましょう。

人気の自動車保険ランキングを是非ご覧下さい