自動車保険にご加入の方であれば、一度は「等級」ってなんだろうと思われた方は多いと思います。
また1度の事故で保険料がびっくりするくらいあがった、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
ぜひ仕組みを学び、保険を使うかどうか迷ったとき、保険料を削減したいときなどに参考にしてみてください.

全社共通の自動車保険の等級別料率制度とは

事故で自動車保険を使用した後、保険料が上がる原因はこの「ノンフリート等級別料率制度」に理由があります。もともと事故を起こした人と起こしていない人、両方の保険加入者に公平であるために導入された制度であるため、国内外の損害保険会社の殆どが共通したルールで運用しており、どの保険会社を選んだとしても自動車保険に加入し続ける限り影響があります。厳密にお伝えすると自動車保険の被保険者に紐づくものなのです。今回のお話はノンフリート契約者の方向けですので、10台以上お車を所有しているフリート契約者の方はこちらをごらんください。

⇒10台以上の自動車保険はコチラ

自動車保険のノンフリート等級別料率制度とは

ノンフリート等級別料率制度とは自動車保険の割引・割増制度のことです。この制度の「1~20等級の区分」と「無事故係数・事故有係数の区分」によって保険料が割引・割増されます。自動車保険に初めて加入するときは「6等級」の事故有係数適用期間は「0年」からスタートするのが一般的です。保険を使用しなければ等級は7等級、8等級と上がり、割引率もあがります。保険を使用した場合は一般的に等級は3等級下がり、事故有係数3年となります。
例えば、自動車保険に初めて加入し「6等級/0年」からスタートし、保険を使用せずに翌年を迎えた場合は「7等級/0年」となり、保険を使用した場合(3等級ダウン事故の場合)は「3等級/3年」となるのです。

自動車保険等級別料率制度の具体例

1度3等級ダウン事故をおこし、保険を使用した場合の等級と事故有係数の動きは次の表の通りです。

自動車保険等級制度表比較

1度3等級ダウン事故を起こすと何年間もその影響を受けることになってしまいます。
ではこの等級別料率制度が誰についてまわるのか、割増引率がどれくらいなのか、引き続き見ていきましょう。

自動車保険の等級別料率制度がついてまわる被保険者とは

先ほど自動車保険の等級は被保険者に紐づくもの、という説明をしました。では自動車保険の被保険者とは誰を指すのでしょうか。一言で表現すると「自動車保険の補償を受ける人」です。現在自動車保険に加入している方は「保険証券」を見てみてください。一般的には「契約者=被保険者=車の所有者」となっているケースが多いと思われます。
少し脱線しますがこの等級は被保険者の同居の親族であれば一般的に継承が可能です。先を見越してご継続手続きの時などに被保険者を見直すと保険料の削減につながるかもれません。

自動車保険の等級は原則として保険証券に記載の「被保険者」に紐づきます。自動車の買い替え、保険会社の変更などでリセットされるものではありません。そのためあなたが現在A保険会社で10等級の自動車保険に加入していとして、翌年B保険会社に保険会社を変更しても被保険者に変更がなければ1等級進んだ11等級で契約が可能なのです。

自動車保険の等級別料率制度による割増引率ってどれくらい?

では実際の自動車保険の等級別料率制度による割増引率ってどれくらいなのでしょうか。
一覧にしてみました次の表をご覧ください。

自動車保険等級制度表

10等級(事故有係数なし)の場合45%の割引率となります。20等級まで進行すると63%の割引率になるのです!

しかしここで注目してほしいのは上段の無事故の場合と下段の事故有の場合の割引率の差です。同じ10等級の方でも22%もの差があるのです!
これは大元の保険料が20万円であれば、事故なし10等級の方は保険料11万円(20万円×(1-55%))であるのに対し、事故有10等級の方は保険料15.4万円(20万円×(1-23%))となり、保険料に大きな違いが発生するのです。

自動車事故に遭ったときは保険を使用するか検討を!

ここまで等級制度の基本を確認してきました。自動車事故で3等級ダウン事故となり保険を使用した場合、3年間は事故有係数が反映している割引率が適用となります。このことから損害の額が比較的小さい場合は保険をむやみに使用しない、という選択肢を検討する必要が出てくるのです。
最近では保険を使用した場合の次年度の保険料(目安)を事故時に案内する保険会社が増えてきているようですが、全てのケースではありません。
またここでは説明していませんが、事故の種類によって「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」と等級への影響が異なるので注意が必要です。
自動車保険の保険料の無駄を見直すときは、単純に1年間の保険料だけを比較するだけでなく、事故があったとき、被保険者を変更するとき、車の所有者が変更となるとき、などチャンスはたくさんあります。
事故に遭った時は保険を使用するかどうかを相談するとともに、保険会社任せにせず、あなた自身が等級制度を理解したうえで、保険会社などに「保険を使用した場合の次年度以降の保険料」を確認しましょう。

人気の自動車保険ランキングを是非ご覧下さい