インターネットの自動車保険に加入する前に知っておきたい2つのポイントをご紹介します。

 さて最近人気のインターネットの自動車保険!
その人気の理由は保険料の安さと、お手軽さですが。
ネットの自動車保険に加入する前にしっかりと確認しておきたい2つのポイントをご紹介します。
ネット系の自動車保険の保険料がただ安いからと言って保険を選んで、万が一の事故の際に必要な補償がなかったなんて事にならないようにしっかりと理解をしたうえで保険を選ぶようにしましょう。

 一時期、話題となったネット系の自動車保険は「万が一の事故の際に、必要な補償が受ける事ができなかった!」なんて話を聞いたことはありませんか?
実はこれって、保険会社が悪いわけではなくて、加入者が悪いといったケースがほとんどなんです。
保険会社は良くも悪くも、契約内容通りに保険金額を支払っているだけなんです。
加入者が自分が加入している補償内容をよく理解していないことが多いのです。
保険料を削減しようとして、必要な補償まで削減しているケースが多くあるのです。
ネット系の自動車保険のデメリットの1つでもありますが、ネット系の自動車保険は補償内容を自分で決めなければなりません。
そのため、必要以上に保険料を削減しようとして、必要な補償まで削減してしまうことがあります。
そんなことにならないように、ネット系の自動車保険の特徴をしっかりと把握して、万が一の自動車保険の事故の際にもきちんと補償が受けられる保険に加入するようにしましょう。

インターネット自動車保険に加入する際に注意する2つのポイント

 さて、インターネット自動車保険に加入する際に注意しなくては行けないポイントをご紹介します。
一般的にはこの2つのポイントがネット系の自動車保険のデメリットと言われている部分になります。
では、そのデメリットとなる2つのポイントをご紹介していきます。

補償内容を自分で決めないといけない

 代理店が販売している自動車保険の場合には、代理店の営業マンがあなたの自動車保険の担当になってくれますので、「自動車保険の補償内容」や「運転者の条件」「保険料」の説明をしてくれます。
ですから、基本的には、必要な補償内容が不足しているということはないと思います。
しかし、ネットの自動車保険は「補償内容」や「運転者の条件」を自分で決めることになります。
そのため、必要な補償がついていなかったというケースが発生するのです。
保険代理店が販売している担当者がいる自動車保険では、このようなことは未然に防ぐことができますが、ネット系の自動車保険では、自分でしっかりと補償内容を把握していないと、万が一の事故の際に困ったことになるのです。

保険代理店から入ったほうが保険料が安いことがある。

 「え?そんなことあるの?」
と思う方も多いことでしょう。
ケースとしては、少ないのですが、実際にそのようなケースもあるのです。

 一般的にはネット系の自動車保険のほうが保険料は安くなるのでが、あなたの年齢や自動車の車種、運転する状況によっては、代理店から自動車保険に入ったほうが安くなるケースもあります。

 「なんで?そんなことがあるの?」と疑問に思う方が多いと思います。
その理由はというと、保険料は保険会社によって違うのですが、保険会社によって、過去の事故の事故率が違ってくるからです。
「A保険会社」ではあなたの年齢層の方が事故が多かったという場合には、その分保険料が高くなります。その反面「B保険会社」では事故が少なかったので、その分保険料が安くなっているという具合です。

 どの年齢層がどの保険会社で安いとか、どの車種がその保険会社で安いとかは一概にいえませんが、自分に最適な保険会社を選ぶ際には、ランキングを参考にしたり、見積もり比較をして自分が最適と思える保険会社の自動車保険を選ぶようにしましょう。

ネット型の自動車保険は事故対応が心配?

 ネット型の自動車保険の自動車保険は事故対応が悪いって聞いたことがありませんか?
これについては安心して下さい。
決して、そんな事はありません!

 現在、日本で自動車保険を販売しているような保険会社は顧客対応については本当にしっかりとしています。
むしろしっかりとしていないと保険会社として存続ができません。
ですから、「事故の際の対応が悪いから保険料が安いんだ!」なんて言っている方を見ると、本当に「何を根拠にそんな事を言っているんだ?」と疑問に思います。

 事故対応もしっかりとしてくれるのに、保険料が安いなんておかしいと思いますか?
 では、なんで保険料がそんなに安いの?ということについてご紹介します。

ネット系の自動車保険の保険料が安い理由とは

 ネット系の自動車保険の保険料が安い理由とは、それは人件費が今までの保険の販売方法に比べてかかっていないからです。
さて、その仕組みを簡単にご紹介します。
保険契約をした際の保険料は「純保険料」と「付加保険料」にわけられます。
「純保険料」とは保険の事故の際に保険金の支払に充てられるお金になります。
「付加保険料」とは、保険会社の運営に当てられるお金になります。保険会社の運営ですので、保険会社の経営や、社員の給料、代理店の管理のための費用があります。

 その半面、ネット系の自動車保険では、代理店の管理のためにの使用される費用が非常に少ないので、結果その分保険料が安くなるのです。

 ネット系の自動車保険の保険料が安いのはきちんとした理由がありますので、決して安かろう悪かろうではありません。安心して下さい。

まとめ

 ネットの自動車保険はきちんと補償内容さえ理解して入れば本当におすすめできる保険です。
自分で補償内容をしっかりと把握して、失敗しない自動車保険を選んで下さい。

当社では、人気の自動車保険ランキングをご紹介しています。
是非あなたにぴったりな自動車保険を見つけて下さい。


自動車保険の人気ランキングはコチラ
自動車保険ランキング