病気やケガ、死亡といったことはいつ起きるかわからないものの、起こった場合には多額のお金が必要となったり、家族に心配をかけることとなります。そうした場合を想定して、たくさんの人が少しずつ負担金を出し合い「いざというとき」に備える「相互扶助」の考えで成り立っているのが生命保険といえます。生命保険の仕組みの基本パターンは大きく分けて3つあります。定期保険、終身保険、養老保険です。この3つを基本として生命保険商品は作られています。まずは生命保険の仕組みを知り、生命保険の選び方を決めましょう!

ある日突然やってくる「万が一」に備える

 人間の死、起きてほしくはないですがいつか必ず皆がその日を迎えます。また、病気やケガなどは誰もがいつなってもおかしくはありません。しかしながら病気やケガにいつなるかなど普通は予測もできないと思います。突然やってくるケースは多々あります。こうしたリスクに対し、ある程度備えがあれば事後対応はできるものの、何かあった時のための資金として万全には準備ができていないのが通常だと思います。
 そのような方のために、生命保険は存在します。生命保険は、たくさんの人が少しずつ負担金を出し合うことで、いざという時の経済的保障を得る仕組みであり、皆で助け合うことで成り立つ「相互扶助」の考えで成り立っています。

生命保険の選び方その1.
生命保険には「死亡保険」と「生存保険」がある

 生命保険には、いざという時の場合の「死亡保険」と、生存していた場合に支払われる「生存保険」があります。この2つ役割があることをまずは覚えておきましょう。

死亡保険・・・死亡した場合や高度障害になった場合に保険金が支払われます
生存保険・・・契約してから一定期間が経過した際に、生存していれば保険金が支払われます

生命保険の選び方その2.
万が一の保障は貯蓄より生命保険の方が適している

 貯蓄と保険を比較する場合によく言われる言葉として、「貯蓄は三角、保険は四角」という言葉があります。貯蓄はコツコツと積み立てていけば年齢が増していくに応じてお金は貯まっていきます。しかしながら、若いうちに病気で亡くなったりした場合には残された家族はそれまでの貯蓄だけでは生活できない可能性があります。それと比較して生命保険の場合は、保険を契約した当初から、万が一の場合には保険金を一定額受け取ることができます。つまり、万が一の保障という観点からは、生命保険の方が適しているといえるのです。

生命保険と貯金の違い

生命保険の選び方その3.
養老保険・終身保険・定期保険の仕組み

 生命保険の基本パターンには3つあります。養老保険、終身保険、定期保険です。この3つを基本として生命保険商品は作られています。
 養老保険とは、死亡保険と生存保険を合わせた生命保険です。あらかじめ定められた保険期間内に死亡または高度障害状態となってしまった場合には死亡保険金もしくは高度障害保険金が支払われ、保険期間満了時に生存していた場合には同額の満期保険金が支払われます。貯蓄性にも優れた生命保険です。そのため、3つのパターンの中で、最も保険料が高くなる生命保険ということがいえます。
 終身保険とは、死亡保障が一生涯続く生命保険です。死亡保障が無期限に続くため、定期保険と比較して保険料は高くなります。当たり前ですが、一生涯の保障が続くため、生存給付は存在しません。
 定期保険とは、あらかじめ定められた保険期間内に死亡または高度障害状態となってしまった場合に保険金が支払われる死亡保険です。生存していた場合の生存給付がなく、保険期間が限定されており、しかも掛け捨て型の生命保険のため、貯蓄性も低く、高額な死亡保障を割安な保険料でつけることができます。

 生命保険の商品は、この3つのパターンのいずれかが土台としてあり、そのうえでお客様のニーズに合わせていろいろな保障が上乗せされたりしています。どの種類がご自身にとって最もふさわしい保険なのかどうかは、家族構成や資産の状況などによって異なりますので、専門家と相談しながら生命保険を選ばれるのもよいかと思います。
 まずは、生命保険には養老保険・終身保険・定期保険と大きく3つのタイプがあることを覚えておきましょう。

生命保険の仕組み 終身保険の仕組み、養老保険の仕組み、定期保険の仕組みと比較

生命保険の選び方その4.
生命保険の中には逆三角形のものもある?

 上記において、生命保険は3つの基本型があると書きましたが実はもう一つ、定期保険の一種ですが、生命保険のカタチがあります。それが「逆三角形」のカタチをしている収入保障保険といいます。子供が小さい頃や住宅ローンを組んでいる時などに必要だった保障も、年を経るにつれて子供は大きくなり、住宅ローンも返済し終えれば大きな保障の必要性も薄れていきます。住宅ローンが終わったり、子供がひとり立ちすると死亡保障は必要なくなります。この必要保障額の減少に併せて、生命保険の保障額も減っていく保険として収入保障保険が開発されました。
 収入保障保険は、小さいお子様をお持ちの方で万が一の場合の保障を得たい方や、貯蓄が十分とはいえないため、万が一の場合に家族に負担をかけたくない方などにとって最適な保険といえます。なぜならば保険契約期間の初期のころには現状の不安を取り除いてくれる手厚い保障が準備されているためです。ここでご紹介した4タイプの保険の中で一番割安な生命保険になります。
 生命保険の中には、逆三角形のカタチをした収入保障保険があるということも併せて覚えておきましょう。

生命保険の選び方そのまとめ

 まず、生命保険の仕組みについて、ご紹介しました。後は生命保険を選ぶ時に貯蓄重視にするのか?保障重視にするのか?、予算はどうするのか?、いつまで保障が必要なのか?などを考えて生命保険の資料を取り寄せて、検討しましょう。

参考ページ:終身保険の仕組みと選び方
参考ページ:定期保険特約付終身保険の仕組み

本文:スキラージャパン 伊藤亮太