貯蓄と投資の違い

貯蓄と投資はどう違うのでしょうか。貯蓄はお金を貯めることです。元本が確保されている預金や貯金でコツコツと貯めていくというイメージです。一方投資は、「資産を投じる」と書きますが、貯めるより増やしていくというイメージです。元本保証のない株式や債券、投資信託などで運用をして増やしていくのが投資になります。

直接投資と間接投資

銀行や郵便局などに預貯金の取引がない方はいないと思います。給与振り込みや光熱費の引き落としなど様々な形でお付き合いをしています。皆さんが銀行に預けた預貯金は、銀行が運用や企業への貸し出しなどを行って利益を得ています。その利益を預金金利という形で還元しています。いわば間接的に企業へ貸し出しをしているので「間接投資」といいます。貸出先の選定や倒産などのリスクは銀行が負っています。

一方、株式や債券は皆さんが直接企業に資金を提供しているので「直接投資」といいます。窓口になる証券会社等は仲介をするだけですから、証券会社が企業に貸し出しを行っているわけではありません。直接投資は資金を提供した皆さんがリスクを負います。ですからどこの企業に投資をするかにより、利益を得るか損失を被るか自らにかかってくるのです。

直接投資・間接投資

貯蓄から投資へ

低金利の時代は、ある程度のリスクを取らないとリターンは望めません。つまり、貯蓄だけではなかなか資金が増えない時代になってきました。デフレの局面では金利が低くても目減りはしませんでしたが、物の値段が上がってくると、インフレに負けない運用をしなければなりません。時代は貯蓄から投資へと変わってきています。

まずは投資に慣れることが重要です。余裕資金を一度に投資をするのではなく、少額から始めましょう。

文:伊藤魅和(FPoffice ITO代表)