『払済保険』。あまり聞きなれない保険の名前ですよね。
払済保険とは、実は、新規で新たに加入できる保険商品の名前では無く、現在ご契約中の終身保険・養老保険・学資保険、こども保険などを、解約する事なく保険期間もそのままにしたままで、「払いを済ませる」ことを『払済保険』といいます。

払済保険への変更

払済保険に変更後は保険料の支払いは無くなるものの、途中で保険料の払込を終えるので保険金額は低くなります。また、付加していた特約は消滅します。
払済保険の仕組み図

『払済保険』への変更は、例えば「収入が減った」「急な出費が増えて、生活が苦しくなった」など、毎月の保険料を削減したいときにとても有効な方法です。
 積立型の生命保険の場合、解約返礼率は経過年数とともに増加していきますので、途中で解約すると損する場合も考えられます。このような場合には、解約ではなく「払い済み保険への変更」することで、解約せずに以後の保険料を支払わなくてもOkです。払い済み保険への変更後、解約返戻金は継続的に増えていきます。

『加入中の養老保険』の活用

独身時代から養老保険に加入している方が、新しい家族が出来て大きな保障が必要になった場合

 独身時代は保障よりも貯蓄のために保険に入るケースが多いです。代表的な保険が『養老保険』です。
※予定利率の高い時代の養老保険は貯蓄としても魅力がありました。しかし、家族のために保障を大きくするには新たに保険加入しなければなりません。養老保険を続けながら新たな保険に加入するには経済的に厳しい…。昔から続けてきた『養老保険』を解約するのは惜しい・・・。こんなときに払済保険に変更します。

関連ページ :保険の解約ちょっと待って

養老保険を払済保険へ変更した場合の例図

 せっかく続けてきた『養老保険』をムダにすることなく、活かしたまま保険料の削減が可能となります。貯蓄性の高い養老保険から保障性の高い定期保険に変更するとより大きな保障を得ることが可能となります。

『貯蓄性保険』の活用

掛け捨てはもったいないので貯蓄性の高い『終身保険』を中心に加入していたが、状況の変化から出費を抑えなければならなくなった場合

 生命保険の多くは長期間に渡って保険料を負担しなければなりません。その間に教育費や転職などの環境の変化が家計を直撃することも…。保険料を安くしたいが、今まで続けてきた保険を無駄にしたくない。

終身保険を払済保険に変更した場合の例図

65歳まで約3000万円の保障。その後、終身は約1000万円になりますが、
月の負担が約53,800円から12,000円に削減

『払済保険』の活用

 保険も兼ねて貯蓄したいが効率があまり良くない。しかし効率の良い一時払(一括払)する余裕も無い。

 教育費や老後の資金など目的のはっきりした資金準備。少しでも効率良く、しかも万が一の時は保障も確保するために『払済保険』を活用する方法があります。
払済保険への変更で保険料を削減した場合の例図

 保険の見直しを検討される前に、現在加入中の生命保険が『払済保険』に変更できるか?を確認してみましょう。 また、『払済保険』に変更したことによって不足した保険金額を、掛け金の安い『収入保障保険』で補ってはいかがでしょうか?