最近、よく聞く【弁護士保険】
「知人も加入したといっていたけど、そもそも弁護士保険ってどんな保険?」
なんて疑問に思っている方も少なくありません。

さて、ここでは今後は絶対に必要になってくる弁護士保険についてご紹介していきます。

自動車事故だけじゃない!身近なトラブルに対応できる「弁護士保険」

交通事故に遭った電車内で人とけんかになった近所の人ともめている夫婦関係がうまくいかない……。私たちの生活には、さまざまなトラブルがあります。穏便に解決するにはまず相手方と話し合うのが一般的ですが、素人同士ではうまく解決しないことも。話し合えば話し合うほどこじれてしまうケースもあります。

困ったとき、司法の専門家が間に入ってくれたら……。アドバイスをしてくれたら……。

そんなニーズにこたえるのが、弁護士保険です。

従来は、保険で弁護士を利用するのは、交通事故に見舞われたとき、自動車保険に付帯している示談交渉サービスなどが一般的でした。これは、自動車保険の特約や契約者向けのサービスですが、原則として自動車の事故にかかわるものに限ります。

しかし、私たちの生活では、弁護士の力でよりスムーズに解決を目指せる事案がたくさんあります。そこで、弁護士をもっと気軽に利用できるようにしたのが、弁護士保険です。

弁護士保険では、相続や離婚問題をはじめ、生活の中で遭遇したトラブルの解決を弁護士等に依頼した際に発生する着手金や報酬などの費用を補償します。費用の負担を軽減できることで気軽に法律事務所へ足を運び、トラブルが深刻化する前に早期解決を目指すことができます。

弁護士保険のしくみ

なかでも、単独の弁護士保険として日本で初めて登場したのが「Mikata」です。

「Mikata」では、法律相談を利用した時に、その実費として1年間に10万円まで、弁護士等に問題処理の依頼をした際の実費として1事件あたり300万円まで(一般事件は100万円まで)、年間最大500万円、通算で1,000万円まで、保険金を受け取ることができます。

トラブルの解決に当たり、費用を相手に要求する場合も、相手から要求される場合にも利用することができます。

Mikataは、法律相談料と着手金を補償することで、初期費用を抑えられます。初期費用が小さくて済むので、トラブルが深刻になる前に早めに対策を打つことができます。こうすると、トラブル対策にかかる費用も軽くすることが期待できます。

では、弁護士保険に加入しておくことで、経済的にはどんな効果があるのでしょうか?

トラブル事例1:道を歩いていたら、飛んできたゴルフボールにあたってケガ。

先日河川敷を散歩していたところ、いきなりゴルフボールが飛んできて脚に当たり骨折し、全治4ヶ月の怪我をしました。私は建設会社で現場仕事をしている為、休業を余儀なくされています。
事故の時は相手方も謝ってくれて、治療費等を支払っていただけるという事で、お互いに連絡先だけを交換して帰っていただきましたが、後日相手方と話し合ったところ急に態度が変わり、「1円も払う気はない」の1点張りでした。
こちらはまだ怪我の治療中ということもあり、仕事にも行けず困っています。相手から治療費等を払ってもらう方法はありますか?

自分で解決した場合
その後も何度か連絡し、結局治療費の15万円は支払っていただけることになりましたが、休業中の補償や慰謝料等は払えないと言われてしまいました。医者からは、最低2ヶ月間は力仕事をしてはいけないと言われており、一人暮らしということもあって生活が苦しいです・・・。
得られた経済的利益:150,000円

Mikataに加入していた場合
相手方に対して損害賠償請求をするため、弁護士に相談しました。
弁護士の協力のもと裁判を起こすこととなり、損害賠償350万円を請求した結果、320万円を支払っていただくことができました。
得られた経済的利益:3,200,000円

トラブル事例2:隣人の迷惑行為のトラブル

隣人の奥さんについてです。2年半ほど前に、私の家の隣の一軒家に引っ越してきました。大声で喚いたり、朝5時半ころから激しい物音をたてたり、ゴミを投げ込まれたりしてとても迷惑です。
隣人のご主人に、奥さんの行動をなんとかしてほしいとお願いしても、取り合ってもらえません。あまりに激しく物音をたてるので、安心して眠れない日々が続いています。警察に相談をしていますが解決に至っておりません。弁護士の力で、どうにかなりませんでしょうか。

自分で解決した場合
何度も家を訪問して注意したのですが、一向に改善されません。それどころか、注意した仕返しと言わんばかりに日に日にひどくなっています。
警察にも相談したのですが、物を壊されたり人的損傷が無いので注意することくらいしかできないようです。
最悪、泣き寝入りか引っ越すしか解決策が無いようです・・・。
得られた経済的利益:0円

Mikataに加入していた場合
隣人に対して行為の差し止めと損害賠償請求をするため、弁護士に相談しました。
弁護士の協力のもと、行為の差し止めで仮処分を行い、訴訟で損害賠償50万円を請求した結果、行為の差し止め請求が認められ損害賠償10万円を支払っていただくことができました。
得られた経済的利益:100,000円 + 行為の差し止め

このように、弁護士に依頼することで、自力で解決するよりもスムーズに決着に近づけることができ、また、経済的な利益も大きくすることができるのです。弁護士に依頼をするには、着手金・法律相談料がかかりますが、弁護士保険に入っておくことで、こうした初期費用も抑えることができます。

こんなことも弁護士で解決できる? 安心の付帯サービス

身近な生活でのお困りごとは、「こんなことは弁護士に依頼するほどではない・・・」と自分で抱えてしまいがち。でも、弁護士に依頼すれば、自力で解決するよりもより有利な結果になることが多いのです。

とはいえ、実際にトラブルに遭った際には、「こんなときは弁護士に相談できるの?」と迷うもの。そこで、Mikataでは安心の付帯サービスを提供しています。

1.弁護士直通ダイヤル
弁護士直通ダイヤルは、電話で弁護士に初期相談ができるサービス。保険に契約している方なら、1回15分まで、電話で弁護士に相談することができます。相談料は無料! お困りの問題が法律問題にあたるかどうかの判断をしてもらう、一般的な法制度上のアドバイスをもらう、といった利用ができます。
※通話料はお客さまのご負担となります。

2.弁護士紹介サービス
保険金の支払い対象になった際に、希望すれば弁護士を紹介してもらえるサービス。日本弁護士連合会を通じて、各地域の弁護士を無料で紹介してもらえます。
※事案の内容によっては、弁護士紹介サービスをご利用いただけない場合があります。

⇒弁護士費用保険「Mikata」はコチラからご覧下さい。

PV2016営推003201607