2006年4月の保険業法改正に伴い、新しいタイプの保険「少額短期保険」が登場しました。こくみん共済やコープ協会・JA共済など、一部監督官庁が存在する共済会を除き、監督官庁・規制業法が無かった任意団体として運営されていた共済会の中でも一定規模以上の共済会をきちんと管理・規制するために、保険業法が改正され、少額短期保険が誕生しました。

この少額短期保険は、少額短期保険業を行う事業者である少額短期保険会社が扱う保険商品です。少額短期保険会社は、最近ではミニ保険とも呼ばれ、保険業法により定められた一定の事業規模の範囲内にあること、少額かつ短期の保険の引き受けのみを行い、金融庁が定める厳しい基準をクリアし、内閣総理大臣による登録を受けた事業者が事業運営できます。

少額短期保険とは?

 少額短期保険は、その名の通り、少額かつ短期の保険のみを販売し、お客様のニーズに合ったわかりやすく、しかもオリジナルな保険商品が提供され、今まで生命保険会社・損害保険会社では保障する保険商品を販売していなかったような分野で、加入可能な特長ある保険商品を販売しています。

少額短期保険会社とは?

少額短期保険会社とは、少額短期保険業を行う事業者のことをいいます。保険業法の規制の対象となっており、少額短期保険会社として事業を行うには様々な規制をクリアする必要があります。

少額短期保険業者に課される主な規制

・最低資本金が1,000万円以上であること
・営業保証金の供託:前事業年度の正味収入保険料×5%+1,000万円
・原則専業であること
・年間収受保険料が50億円以下であること
・毎年、決算内容の開示義務
・ソルベンシー・マージン比率規制適用  など

 これらの厳しい規制にクリアした事業者が少額短期保険業者として少額短期保険商品の開発、引き受けを行うことができるのです。ちなみに少額短期保険会社では、通常の生命保険会社と異なり、生命保険だけでなく損害保険や医療保険といった各分野の保険商品の取り扱いが認められているため、お客様のニーズや生活環境の変化に合わせた魅力的な保険商品を開発することが可能といえます。

少額短期保険の保険商品とは?

それでは、少額短期保険会社が取り扱う少額短期保険とは一体どのような保険なのでしょうか?
 少額短期保険は、ミニ保険とも呼ばれており、2006年4月の保険業法改正に伴い新しく作られたものになります。少額短期保険には、ペット保険や入院部分に特化した医療保険、女性特有の病気に特化した保険などがあります。そのため、必要のない保険まで付いていないため、シンプルで分かりやすく保険料が安いという特徴があります。保険金額はトータルで1,000万円までで保険期間も生命保険や医療保険で1年、損害保険で2年と短期ですが、今までにないご自身のニーズに合った保険を選ぶことができるかもしれません。

少額短期保険の保険金額

・少額短期保険の引受限度額は1被保険者あたり1,000万円までと決められています。
(複数契約合算。原則として以下の区分ごとに上限が設定されています)

(1) 死亡保険(下記(5)を除く) 300万円
(2) 医療保険等第三分野の保険(下記(3)・(4)・(5)を除く) 80万円
(3) 疾病等を原因とする重度障害保険 300万円
(4) 傷害を原因とする重度障害保険 600万円
(5) 傷害死亡保険 600万円
(傷害死亡のみの保険 300万円)
(6)損害保険 1,000万円

少額短期保険の保険期間

少額短期保険の保険期間は
・生命保険や医療保険・・・1年
・損害保険・・・・・・・・2年
             の範囲内と決められています。

保険比較ライフィで取り扱う少額短期保険の例

保険比較ライフィでは、数多くの少額短期保険の中でも、特徴的な保険商品を販売している会社の商品をご紹介しております。
SBIいきいき少額短期保険 100歳まで保障を更新できる1年更新型の定期医療保険を取り扱い。
ABC少額短期保険 女性のための医療保険を中心にお取り扱いしています。
エイ・ワン少額短期保険 家財保険と持病のある方でも入りやすい医療保険を取り扱っています。
エクセルエイド少額短期保険 糖尿病に特化した医療保険と生命保険、1年更新型の医療保険と生命保険を取り扱っています。
SBIリスタ少額短期保険 単独でもご加入いただける地震の補償保険。通常の地震保険の上乗せにも。
ガーデン少額短期保険 犬と猫のペット保険を取り扱い。
メモリード・ライフ 1年更新型の死亡保険を取り扱っています。

 少額短期保険の保険商品をうまく活用することで、保険料を抑えたり、一般の保険会社では引受不可能な保障を得たり、メリットがあります。ぜひ、帆検討してみてください。

本文 スキラージャパン 伊藤亮太