『昔加入したあの生命保険、そういえば、保険料を払っていないけど、どうなっていたかな?』

 上記のようにお思いの方、いらっしゃいませんか?特に保険料を払わなくなって以後、お引越しをされて保険会社からの郵便物が届かなくなった場合には、何年もほって置かれている生命保険になってしまいがちです。このような生命保険の状態を「失効」といいます。

生命保険の「失効」とは

 生命保険契約は契約者が生命保険会社(保険者)に保険料を支払うことで契約が継続されますが、途中で保険料を支払うのをやめてしまった場合には契約は失効し、万が一のことがあった場合でも保険金は支払われません。
 実は、生命保険会社もこの「失効した保険契約」をとても嫌がります。解約返戻金が少しでも残っていれば、保険契約上管理をし続けなければならず、コストが発生するにもかかわらず、1円も入金が増えません。失効した保険契約が増えれば増えるほど、無駄なコストが発生し続けるわけです。

 それでは保険契約が失効してしまった場合には、私たちはどうすればよいのでしょうか?
処理の方法は2通りの選択肢があります。
(1)失効した保険契約を復活させる方法
(2)解約返戻金がある場合には解約返戻金を受け取る方法です。

失効した保険をそのまま放置するよりも、保険会社に問い合わせることでお金が戻ってくることもあるのです。

失効した保険契約を復活させる方法

 加入していた保険契約が失効してしまったとしても、一定期間(通常2~3年以内)内であれば、保険会社の承諾を経て保険契約を復活させることができます。

 この場合には、再度告知義務が必要になりますし、支払っていなかった保険料に利子を付けて支払わなければ元の保険契約を有効にすることはできません。失効した保険を復活させるには、ある程度の費用がかかることを覚えておいてください。

解約返戻金を受け取る方法

 保険契約は失効してしまったものの、その後保険会社に問い合わせることで、養老保険など貯蓄性のある保険商品の場合には積み立てていた貯蓄部分から解約返戻金を受け取ることができる場合があります。

 支払っていなかった保険料を払うのは負担だ、復活してまで保険契約を続行したくはないと思われる方は、失効した保険契約をそのまま放置するよりも、一度保険会社に問い合わせをして解約返戻金を受け取れないかどうか聞いてみるとよいでしょう。もしかしたら、意外にお金が戻ってくるかもしれません。

復活させない場合の保険加入対処方法

 保険契約を復活させるには、それまで支払っていなかった保険料を支払う必要があります。また、同じ種類の保険に再度新しく加入しようとする場合には、年齢が高くなっている分、月々支払う保険料が高くなっているおそれがあります。

 それでは、保険契約を復活させない場合で、新しく同じような種類の保険に加入したい場合にはどうすればよいでしょうか。一つの方法として、保険料の割安なネット保険会社の生命保険に加入する方法が挙げられます。例えば、ライフネット生命保険などの保険が該当します。こうした保険は、営業マンなどの人件費がかからない分、保険料を割安にすることを可能としています。

 目的に合った保険が、こうしたインターネット専業保険会社が販売する保険にあれば、加入を検討してみるとよいでしょう。そうすれば、保険料を抑えながら保障を得ることも可能になるといえます。

参考ページ : 共済保険と生命保険の違いとは?仕組みと保険料比較
参考ページ : 生命保険の選び方。『掛け捨て保険』と『積み立て保険』

本文 : スキラージャパン 伊藤亮太