債務返済支援保険とは、住宅ローンをお借入れになる方を被保険者として、被保険者が保険期間中に病気やケガで働くことができなくなってしまった場合におけるローンの返済をサポートする保険です。

債務返済支援保険の機能

では、その機能について学んでいきましょう。

通常、住宅ローンに付帯が義務付けられるのは団体信用生命保険

住宅購入を現金で一括払いという方はごくわずかだと思います。通常は銀行などで住宅ローンを組み、20~35年ほどの期間をかけてローンを返済していくのが一般的といえます。

 住宅ローンを組む際に、銀行等では団体信用生命保険の加入を義務付けています。この団体信用生命保険に加入することで、被保険者(融資を受けた方)に万が一のことがあった場合には、住宅ローンの残額は保険金で補い、完済できます。その結果、残された家族には住宅ローンという大きな負担を強いることがなく、安心して生活することが可能になります。

 「団体信用生命保険に加入しているから、何かあった時には大丈夫!」・・・といえそうですが、実は住宅ローンを抱える方がすべてのリスクをカバーしているわけではありません。あくまでも団体信用生命保険は、死亡や高度障害リスクをカバーするのであり、病気やケガによる働けない状態、すなわち就業不能リスクまではカバーできていないのです。

通常、住宅ローンを組む場合の保険は団体信用生命保険。債務返済支援保険付き住宅ローンの場合、死亡の他、病気・ケガによる入院・療養の補償も付いている。

就業不能リスクをカバーするのは債務返済支援保険

 病気やケガによって就業不能となり、住宅ローンが返済できない・・・。住宅ローン返済が家族にも大きな負担を強いることとなってしまうのが、就業不能状態となった場合ではないでしょうか。

 残念ながら団体信用生命保険ではこのリスクはカバーできません。しかしながら、そうしたニーズにお応えするために、「債務返済支援保険」が存在します。

 債務返済支援保険では、病気やケガにより住宅ローンの返済に困窮した場合にローンの返済をサポートしてくれます。団体信用生命保険とは異なり、返済途中からの加入も可能となっています。通常、免責期間があり、病気やケガで就労できなくなった状態が継続して30日を超えた場合に、31日目から保険金が支払われることとなります。

 就業不能状態であれば必ずしも入院は必要でなく、自宅療養中でも保険金の受け取りは可能です。一般的に、保険金の受取期間(補償期間)は3年ないし5年となっています。住宅ローン返済における就業不能リスクをカバーしたい方にはうってつけの保険といえますが、5年以上の期間は補償の対象とはなっていません。

一般の住宅ローンと債務返済支援保険付ローンの比較

住宅ローン返済に限定しない『リビングエール』

 それでは、就業不能となった場合に、住宅ローンの返済さえすれば大丈夫といえるのでしょうか。住宅ローンの返済以外にも、通常の生活費や入院による治療代などの一時的支出等様々な費用はかかってきます。特に、会社経営者の方や個人事業主の方など収入が変動しやすい方にとっては、就業不能によるリスクのカバーは必須といえます。住宅ローン返済に限定せず、生活費もカバーできる保険、それが日立キャピタル損保の扱う『リビングエール(長期就業不能所得補償保険)』です。

債務返済支援保険付き住宅ローンは病気療養中のローン返済もカバーされる。その補償と同じ機能を持つ保険が『リビングエール』
 リビングエールでは、病気やケガで就労不能状態が続く場合、最長60歳まで毎月保険金が支払われます。通常は医師による診査は不要、告知書のみで加入できます。また、入院中だけでなく自宅療養中も補償されます。平均月間所得額の最大60%を支払い続けてくれる頼もしい保険といえるのです。

 しかし最大60%では生活費が賄えるのか不安・・・そう思われる方もいらっしゃるでしょう。ここでいう平均月間所得額は、手取り金額ではなく、税引前の年収(ボーナス含む)を12で割った金額になりますから、補償額としてはかなり充実しているといえます。本人の希望により保険金月額を設定できる点も魅力的であり、実際に就労不能になった場合に必要な保険金額がいくらなのか、いくらが妥当なのかを算出したうえで加入を検討することも可能といえます。

 マイホームを守るための保険として、団体信用生命保険に加え、住宅ローン返済以外に生活費なども補償対象となる『リビングエール』のご加入を検討されてみてはいかがでしょうか。

▼ネットで簡単お見積り・申込み!▼

余談:団体信用生命保険は本当に安いのか??

 住宅ローンに付帯している団体信用生命保険。住宅ローンの銀行借り入れには万が一、ご主人が死亡してしまったときに、銀行ローンの残債を一括返済知るための生命保険ですが、もし、団体信用生命保険への加入が強制ではなく、任意ならばぜひ下記の保険会社で保険料を計算し、銀行で提案されている団体信用生命保険との保険料を比較してみてください。年齢や保険料によっては安くなる場合もあるようです。

【団体信用生命保険と比べてください!】
▼ネットで簡単お見積り・申込み!▼

参考ページ : マンション購入者の火災保険の選び方
参考ページ : 一戸建て住宅の火災保険の選び方
参考ページ : 地震保険の選び方

本文 : スキラージャパン 伊藤亮太