代表的な4つの投資リスク

リスクと言っても様々なリスクがあります。その中でも代表的なリスクを紹介します。

価格変動リスク

価格が変動するリスクです。
株式が代表的な商品になりますが、債券も途中で売却した場合は時価で売却をしますので、市場情勢により価格が変動します。
投資信託も中に組み入れられている商品が株式や債券で運用をしていますので、価格変動の影響を受けます。

信用リスク

支払いが確実にされるかどうかというリスクです。商品を発行している(発行体という)ところの安全性や信用度により、リスクの度合いが変わってきます。デフォルト(債務不履行)リスクとも言われています。

為替変動リスク

海外の資産で運用をする時には、必ず為替変動が伴います。円からドルへ、ドルから円へなど通貨を交換するときに、為替レートという交換の基準があります。常に変動していますので、自身がどのタイミングで交換したかにより、利益が出るか損が出るか変わってきます。円高の時に海外の資産を購入し、円安の時に円に交換すると利益が出ますが、円安の時に海外資産を購入し、円高で円に戻すと為替で損をすることになります。

カントリーリスク

国の信用リスクのことを言います。海外に投資をする場合、その国の信用度が重要になってきます。政治や経済、社会情勢などにより、国の安全度や信用度は異なります。国の信用度を知るには格付けなどを参考にします。

文:伊藤魅和(FPoffice ITO代表)