毎日の食事やお散歩、おでかけなど、いつもそばにいて、家族と同じように暮らすペットたち。元気に走り回る姿や、楽しそうに喜ぶ姿は、かけがえのない癒しですよね。

でも、そんなペットがもしもケガや病気をしたら? 

「わが子は元気だから病気なんてしない!」と思いたいものですが、いざケガや病気をしたら、大切なわが子にはきちんと治療をしてあげたいですよね。

そこで、わが子のケガや病気に備える「ペット保険」についてご紹介します。

ペット保険とは?

ペットには、人間のような公的な健康保険がありません。ペットがケガや病気をしたとき、その医療費は100%飼い主様の負担になります。そこで、医療費の負担を軽減するのが「ペット保険」。診療や手術を受けた場合に、かかった診療費を限度額や一定割合の範囲内で補償します。

例えば、アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」は、ペットのケガや病気によってかかった診療費の70%・50%を支払限度の範囲内でお支払いします。

商品名 ふぁみりぃ70%プラン
支払割合70%
ふぁみりぃ50%プラン
支払割合50%
通院
入院
1日あたり最高14,000円まで
※1年間にご利用できる回数は各20日までです。
1日あたり最高10,000円まで
※1年間にご利用できる日数は各20日までです。
手術 1回あたり最高140,000円まで
※1年間にご利用できる回数は2回までです。
1回あたり最高100,000円まで
※1年間にご利用できる回数は2回までです

保険が使えるケガや病気

ペット保険は、わが子のどんなアクシデントで使えるのでしょうか?

異物の誤飲の他、心臓病、尿結石や膀胱炎など泌尿器疾患、皮膚腫瘍など、人間と同じようにケガや病気をします。ペットでも同じように備えておくと安心ですね。

アニコム

なお、以下の場合は保険の対象になりませんので注意しましょう。

契約者・被保険者の故意によるもの、自然災害によるもの、契約前からの既往症・先天性異常等、妊娠・出産にかかわる費用等、ケガ・病気にあたらないもの等、ワクチン等の予防接種により予防できる病気、予防費用等、検査・代替医療等、健康食品・医薬部外品等、治療付帯費用等。

参照先:http://www.anicom-sompo.co.jp/products/insurance/

選び方のポイント

ペット保険を選ぶときには、次の3つのポイントに注目しましょう。

  1. 支払限度額・限度日数
    一般的なペット保険には、保険金が支払われる限度の金額、日数があります。これを超えると、動物病院にかかって診療費を負担しても、保険金は支払われません。これまで、わが子はどれくらいの頻度で動物病院にかかったか? その時にいくらくらいの費用がかかったか? などを参考にしてチェックしておきたいですね。
  2. 手術給付の限度額・限度回数
    手術をした時に支払われる金額や回数にも、1回あたり、および1年間での制限があります。大きな手術をしたときに、保険でどれくらい対応できるかを確認しておきましょう。
  3. 契約可能年齢・更新可能年齢
    契約可能年齢は、新規で保険を契約するときに、契約できる年齢です。保険契約の始期日時点での満年齢で判定するのが一般的です。わが子が高齢だと契約できないこともありますので注意しましょう。

更新可能年齢は、保険を継続するとき、何歳まで更新できるか? ということです。わが子が高齢になっても補償を確保したい、というときには、更新が終身にわたってできるタイプがおすすめです。

いざというとき、わが子に元気になってもらうために

このように、ペット保険は、人の保険と同じように、年齢や、健康状態などに応じて、わが子に合ったプランを選ぶのがおすすめです。

いつもは元気でも、いざ体調を崩すと、予想外のお金がかかってしまいます。健康なうちにペット保険を契約して、経済的な負担の心配なく、わが子に治療を受けさせてあげたいですね。

※わが子のいざというときの医療費に備えて、貯金をしておいてあげれば十分? と思う方もいるでしょう。ペットの医療にかかる費用については、こちら人間より高い! ワンちゃんのケガや病気でかかるお金もご参照ください。

WD 160036 16年7月

人気のペット保険ランキングを是非ご覧ください