4人に1人は10万円以上の入院費を払った経験あり
 au損害保険株式会社は、日本におけるペット(犬および猫)の 飼育頭数が約2,150万頭(※一般社団法人ペットフード協会調べ)に達する昨今、飼い主のペット医療への関心の高まりを受け、20代から60代の犬か猫を飼っている方を対象に「ペット医療に関する意識調査」を行いました。
(インターネット調査、調査期間:2014年11月6日(木)、サンプル数:607人)

 調査の結果、ペットを飼って困ったことの1位が「高額な入院費」であり、4人に1人は10万円以上の入院費を払った経験があるにも関わらず、ペット保険の加入者は2割にも満たないことが分かりました。

ペット医療 アンケート結果

 ここでは、「ペット医療に関する意識調査」のアンケート回答結果についてご紹介します。

8割以上がペットは「家族」のような存在

 ペットが回答者にとってどのような存在かを聞いたところ、84.3%の人が「家族」のような存在と答えた方が群を抜いて多く、飼い主にとって大切な存在となっていることが分かります。
あなたにとってのペットの存在

約6割がペットの入院経験あり
4人に1人は1回あたりの入院費で10万円以上支払い

 ペットの入院、通院経験を聞くと、「手術を伴う入院」「手術を伴わない入院」を合わせて59.2%もいることが分かります。その中でも入院費が高額になりやすい「手術を伴う入院」を経験した人は4割以上に及びます。
 また、実際に入院1回当たりにかかった費用を聞くと、25.4%の人が10万円以上の入院費を払ったと回答しました。30万円以上支払っている方もおり、医療費が高額になっていることが分かります。

ペットの入院費(1回あたり)

ペットの入院、通院の経験

ペットを飼って困ったこと1位「高額な入院費」、2位「しつけの悩み」

 ペットを飼って困った経験を問う質問では、「入院費が高額だった」が最多の37.9%で、「いくらしつけても治らない」という悩みが36.2%と続きました。先の質問でもあった通り、4人に1人は10万円以上という高額な入院費を払った経験を持っており、ペットの医療費で困りの方が多いことが分かります。
 また、ペットの年齢が0~2歳の方に絞った結果を見ると、「いくらしつけても治らない」が48.3%と全体よりも12ポイントも高く、ペットが小さいうちは医療費よりもしつけに困っていることが分かりました。
ペットを飼っていて困った経験

ペット保険について約9割が知っているが、加入しているのは2割未満

 ペット保険について聞いたところ、88%の人が「知っている」と答え、高い認知がある一方、加入状況を問うと、加入しているのは18.7%と2割に満たないことが分かりました。

ペット保険グラフ

ペット保険で重視するのは、1位保険料の安さ、2位補償金額、3位サポートの充実

ペット保険で重視する点を聞くと、「毎月の保険料が安い」が最多の68.7%、続いて「入院・手術費・通院の補償金額が多い」が44.8%で、「保険金の支払い回数や1回あたりの限度額の条件がない」も約25%の人が選んでおり、お金の面を重視する傾向が見えます。
 また、3番目には「サポート体制の充実」を40.4%の人が選んでおり、何かあったときに相談できるサポート体制を多くの人が重視していることがわかります。
ペット保険で重視する点

入院費の例 ※あくまでも一例であり、診療機関や治療内容により金額が異なります

白内障手術
骨盤骨折
 本文はau損害保険株式会社2014年12月3日 ペット医療に関する調査結果「ペットを飼って困ったこと1位は「高額な入院費」
4人に1人は10万円以上の入院費を払った経験あり」の内容を記載しております。

情報提供元のau損保のペットの保険はこちら

その他、おすすめの保険は保険ランキングで

▼今、人気の保険ランキング▼

ペット保険ランキングはこちら