生命保険の選び方。貯蓄の手段としても選ばれる生命保険。一方、将来の不安を安く保険で回避したい…。
『掛け捨て型』と『積み立て型』は、生命保険の契約時によく使われる言葉です。具体的な保険商品名を示す言葉ではなく、保険商品の違いをあらわす表現の一つです。その違いはどこにあるのか?それぞれ目的をもって保険の契約をする場合には、メリットもデメリットもあります。であh、『掛け捨て型の生命保険』と『積み立て型の生命保険』について、学んでいきましょう。

『掛け捨て』の生命保険

 解約してもお金が戻らない保険、もしくは途中で解約した時には僅かなお金が戻ってくるが満了時にはゼロになってしまう保険で、定期保険や収入保障保険、逓減定期保険がこの掛捨て型に属します。この商品は概ね保障を重視した生命保険です。

『積み立て』の生命保険

 解約するとある程度のお金が戻ってくる保険のことを指し終身保険や養老保険がこの積立型に属します。この生命保険は、保障を得ると同時に貯蓄を重視しており、掛捨て型よりも積立部分があるため、同じ保障額の場合、概ね保険料が高額になります。

これだけ比べると、お金が戻ってくる積み立て保険の方がお得な気がしますが、いちがいにはいえません。
『掛け捨て型』の保険は、安い保険料で大きな保障を得られるというメリットがあります。
『掛け捨て型』と『積み立て型』を同じ保険料で比べると、保障内容にはかなりの差が出るのです。

国内保険販売の実情と自分の保険を照らし合わせて考える

 10年以上前に、いわゆる漢字系生命保険会社(相互会社など)から生命保険契約をした方は「定期保険特約付終身保険」にご加入している方が多くいらっしゃるはず。主契約である終身保険は積立型の生命保険で、特約部分の定期保険特約は掛捨て型の生命保険です。一方、いわゆる外資系生命保険会社(カタカナ系など)のプランナーから生命保険をご契約した方は特約の付いていない「終身保険」にご加入している方が多いように感じています。これは保険会社の営業方針と重なっていると考えられます。
 それぞれ、生命保険の特長には一長一短があり、「これが全ての人にベストな生命保険」は存在しません。生命保険商品の特性を理解し、「自分にあった生命保険選び」をすることがとても重要です。

「保険料が高いな」「保障はこれで足りているのかな?」「更新時に保険料上がるんだよね?」など、不安があるならば、一度真剣にご自分の生命保険の内容を確かめてみてください。

今から考える保険見直し

『掛け捨て型』『積み立て型』の区別だけに捕らわれず、まずは家族のリスクがどのくらいあって、どのくらいの保障が必要なのか?を考えてみてください。それから生命保険の内容をきちんと理解し、それがあなた自身にとって、また家族も含めてどうなのか、ということを改めて見直していただきたいのです。

1)葬儀代(ベースとなる死亡保障)
2)遺族の生活費(奥様・お子様の生活費)
3)子供の学費

必要保障額の計算には、このようにリスクごとに明確に分け、それぞれを別な保険で契約すると目的も明確にできます。例えば、1)のリスクは一生涯ですので、貯蓄性の高い終身保険で契約、2)は子供が大人になるまで、奥様が年金をもらえる年齢になるまでの期間ですので定期保険もしくは収入保障保険で、3)は文字通り学資保険で契約する・・・などです。住宅ローンのある方で、団体信用生命保険にご加入の方はこれも生命保険ですので忘れずに。
“いくらなら払えるか”“いくら貯めたいか”も重要な要素のひとつですがあなたの身の回りにどんな“リスク”が潜んでいるか?それをどこまで生命保険でカバーするべきか?・・・・。まずはそれから考えてみてください。

えっ!火災保険でも積立型があるの?

火災保険でも積立型の火災保険がございます。保険期間6年間で保険料は一括払い。6年後の満期返戻金は支払った保険料よりもなんと多く戻ってくるタイプの火災保険です。6年ごとに更新し満期金を受け取ると、まるで火災保険であることを忘れてしまいそうです。また、賃貸住宅にお住まいの方が加入する家財保険でもご加入が可能です。