株式とは?

株式というと損をするというイメージの強い方が多いと思います。それは株式の価格がほかの変動商品より大きく変動をするからです。株式は投資家(資金を提供する人)が、株式市場を通して企業の株式を購入します。

企業は市場から調達した資金を使い、工場の建設・研究資金など事業の拡大をしていきます。それにより、収益が上がると株式の配当金や株主優待という形で株主(投資家)に還元されます。株式を発行する企業には、債券とは異なり、株主から出資されたお金を返済する義務はありません。

株主の魅力とリスク

株式の魅力は以下の3点です。

  1. 値上がり益(キャピタルゲイン)・・・購入したときより値上がりをして売却により利益を得ること。
  2. 配当金(インカムゲイン)・・・会社の業績配分。配当金を出さない会社や業績によっては出ないこともある(無配)。
  3. 株主優待・・・自社の製品、優待券、サービスなど企業独自で提供している。株主優待を実施していない企業もある。企業が定めた株式数が必要。
    ほかにも株主になると議決権・利益配分請求権・残余財産分配請求権という権利が得られます。委任状での議決権行使や株主総会に参加することで発言や質問、議決ができます。議決権や株主優待、配当金は、権利確定日(日付は各社異なる)に株を保有していることが条件になります。

株主の主なリスクは以下の3点です。

  1. 信用リスク・・・企業の信用リスク
  2. 価格変動リスク・・・価格が値下がりするリスク
  3. 流動性リスク・・・売却しようとしたときに、思っていた価格で売買できないリスク

株式の売買

株式を売買するにはまず証券会社に口座を開設する必要があります。
 口座開設 →  入金  →  注文  →  配当金・株主優待の受け取り

注文をするには次の項目が必要になります。

  1. 銘柄名もしくは証券コード(4桁)・・・証券コードは四季報などに掲載されている
  2. 売りか買いか
  3. 株数・・・企業により1株、10株、100株、1,000株など単位が決まっている
  4. 価格(指値か成行)・・・指値(さしね)は金額指定、成行(なりゆき)はそのときの市場価格
  5. 注文期限・・・今日限り、今週限りなど 指値の時に指定ができる
  6. 市場・・・主要市場、東京市場などの指定ができる
    株式は注文成立から受け渡し(名義変更)まで4営業日かかります。営業日で数えますので、間に土日祭日が入るとその分遅くなります。現在株券は電子化され株券は発行されません。

株価はなぜ変動するのか

株価は様々な要因で変動をします。

  1. 企業業績
  2. 金利変動
  3. 為替
  4. 景気
  5. 世界経済など

こうした様々な要因があり、一つだけではなく、いくつもの要因で動きます。そこが株式投資の難しさでもあり、魅力でもあると思います。

代表的な株式指標

代表的な株式指標に「日経平均株価」と「TOPIX」があります。

日経平均株価とは、東証1部銘柄の中から225銘柄を選出し、株価平均を出したものです。日経新聞が算出しているので、日経平均株価と呼ばれています。

TOPIXとは、東証1部全体の動きを見るもので、1968年1月4日の時価総額を100として算出しています。東京証券取引所が発表しているので、東証株価指数と呼ばれています。

新聞の見方

新聞には毎日、前日取引された株価が掲載されます。東京1部、2部など市場ごとに分けてあり、1部の中でも水産など業種ごとに分類されています。掲載項目は以下の通りです。

  1. 売買単位・・・AやBなど売買単位が表示されている。Aは100株、Bは1株、など表示方法は新聞ごとに異なる。例えば、株価が100円で100株単位なら最低売買代金は1万円になる。同じ100円の株価でも売買単位が1,000株ならば最低価格が10万円必要になる。
  2. 銘柄名・・・企業名もしくは略称が表示されている。
  3. 始値・・・取引の最初に成立した値段のこと「はじめね」という。
  4. 高値・・・一日の取引の中で一番高かった値段のこと「たかね」という。
  5. 安値・・・一日の取引の中で一番安かった値段のこと「やすね」という。
  6. 終値・・・取引の最後に成立した値段のこと「おわりね」という。
  7. 前日比・・・前日の値段と比較をして、株価が上がった時には△で表示され、下がった時には▲で表示される。例えば、前日の終値から15円値上がりをしていたら△15と表示される。
  8. 売買高・・・一日の売買が成立した株数。出来高ともいう。

少額からできる株式投資

株式はある程度まとまった金額がないとできないと思われるかもしれません。しかし、少額から投資が可能です。それが「株式累積投資」と「株式ミニ投資」です。

株式累積投資は、月々1万円からなど証券会社により金額設定がされています。同じ銘柄を積み立てしながら購入していきます。配当金は持ち分に応じて分配されますが、議決権や株主優待はもらえません。

株式ミニ投資は、株価の1/10の金額で購入ができます。同じく配当金は保有している株数に応じて分配されますが、議決権と株主優待はありません。株式ミニ投資を繰り返して、保有株数が単元株に達すると、議決権が得られます。少額から始めたい、分散投資をしたい、などのニーズを満たす投資方法です。

まとめ

株式の魅力は値上がり益や配当金、株主優待がありますが、株式を保有するということは、その企業を応援するという意味合いがあります。企業を応援し、ともに業績を向上させていくことで株価に反映され、配当金等でかえってきます。また、何げなく聞いていたニュースが気になり、情報のアンテナが高くなるはずです。情報に敏感になり、経済の動向がよくわかるようになります。株価に一喜一憂せず、身近なところから投資をしていくと良いでしょう。

文:伊藤魅和(FPoffice ITO代表)