病院に行って治療方法や投薬方法について説明を受けた時、不安があったり疑問に思ったことはありませんか。
そんなとき主治医以外の医師にその治療方法や投薬方法について相談する「セカンドオピニオン」についてご説明します。

『セカンドオピニオン』とは

病気やケガの治療は、専門性の高い医学的知見に基づいて行われます。しかし、患者としての立場では、必ずしも担当医の先生の説明を十分に理解できないこともあるでしょう。また、担当医の先生が行う治療法とは別の方法もあるのではないか?と疑問に感じることもあるかもしれません。

そこで、 “治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めること”※ を、セカンドオピニオンといいます。

セカンドオピニオンを受ける前に

セカンドオピニオンは、必ずしも担当医の先生の治療方針と異なる意見をもらうためのものではありません。また、担当医や医療機関を変えるためのものでもありません。
セカンドオピニオンの意見は担当医の先生と一致することもあります。同じであっても、セカンドオピニオンを受けることで、それまでは十分に理解できなかった担当医の先生の説明について理解が深まることがあります。あるいは、セカンドオピニオンの意見が担当医と異なる場合には、別の治療方法の選択肢が広がることもあります。
いずれの場合も、ご自身やご家族が治療について深く知り、より納得して治療方法を自分で検討できることが期待できます。これが、セカンドオピニオンを受けるメリットです。

ですから、セカンドオピニオンをより効果的に活用するためには、まず、担当医の医師の意見を十分に理解しておくことが大切です。これを「ファーストオピニオン」といいます。ファーストオピニオンで “自分の病状、進行度、なぜその治療法を勧めるのか”※ を十分に理解したうえでセカンドオピニオンを聞くことで、治療への理解が深まるのです。

セカンドオピニオンの受け方

セカンドオピニオンは、一般的には次のような流れで受けることになります。

セカンドオピニオンを受けるときの流れと心がけておきたいこと

出典:国立がん研究センターがん情報サービス「セカンドオピニオンを活用する」

セカンドオピニオンを受けるには、現在の担当医に、セカンドオピニオンを受けたいことを伝えて、紹介状を書いてもらいます。また、 “血液検査や病理検査・病理診断用語集などの記録、CTやMRIなどの画像検査結果やフィルムを準備して”※ もらいます。セカンドオピニオンを伝える医師は、この情報をもとに、患者さんの状態を客観的に判断し、治療についての意見を検討します。

セカンドオピニオンを提供している医療機関の多くは、「セカンドオピニオン外来」を設置しています。たとえば、がんに関連するセカンドオピニオンでは、がん診療連携拠点病院や、がん相談支援センターなどで設置されています。がん診療連携拠点病院などは、がん情報サービスで検索することもできます。

希望するセカンドオピニオン先が見つかったら、その医療機関に申し込みます。受診方法や日時など、必要な手続きを行います。受診にあたって必要な書類などは、セカンドオピニオンを受ける医療機関などによって異なることがありますから、申し込む際に確認します。

実際にセカンドオピニオンを受ける前には、医師に伝えたいことや聞きたいこと、これまでの経過などを整理しておくとスムーズです。

セカンドオピニオンを受けたら、担当医の医師の意見も踏まえて、自分の治療について改めて考えてみましょう。そして、担当医に報告し、今後の治療についてもう一度相談してみましょう。

皆様が「セカンドオピニオン」について十分に検討され、幅広い選択肢の中から最善の策が図れる一助となりますことを心から願っています。

※引用:国立がん研究センターがん情報サービス「セカンドオピニオンを活用する」