• PICKUP

日本人の平均寿命は約80歳。但し、80歳を過ぎても元気に働いている方々も数多く見受けられます。
ご本人たちは元気に楽しく暮らせていても、50歳を超えた子世代の方が、見守る親の姿に不安を感じる事も…。
そこで、70歳、80歳を超えた親が申し込める生命保険・医療保険を探している方のために保険商品をまとめました。

80歳以上の高齢者でも入れる死亡保険

平均寿命が長くなったとはいえ、いつかは訪れてしまうのが人の寿命というもの。
そしていつかご家族が天寿を全うされた際に起こる葬儀や各種手続きなど、お金が必要となってしまうのも避けられないことです。
悲しい上に経済的にも負担が大きくて日常生活に影響が出てしまう…そういった事態に備えられるような生命保険をご紹介いたします。

※ここでは保険商品の概要をご案内しています。商品詳細については「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

要介護2以下なら85歳まで申し込める!介護死亡保険「介護のあとも」

持病がある方でも元気な方でも85歳までお申し込みができ、最長100歳まで更新が出来るのがセント・プラス少額短期保険の介護死亡保険「介護のあとも」です。
病気やケガで万一のことがあった際に支払われる保険金を、50万円か100万円のどちらかから選ぶことができる、シンプルな保障の保険商品です。
葬儀の費用や遺品整理などのひとまずの費用の確保だけでなく、ご家庭の事情などで法定相続人とは別の方を保険金の受取人としたい場合にも活用できる、「終活」保険となっています。

この保険のポイントは、要介護2または障害支援区分3までの方はお申し込み可能という点です。
持病や投薬の状況ではなく要介護認定をされているか、されているとしたら区分は何かによって、お申込みの可否と保険料が決まります。(現在入院中の方、過去1年以内に病気・ケガの治療を目的とした入院が5日以上ある方、今後3か月以内に入院を伴う手術の予定がある方はご契約頂けない場合がございます。)
まだ保険に入っていない方にも、今の保険にちょっとプラスの保障が欲しい方にも、一度ご検討頂きたい保険のひとつです。

介護死亡保険「介護のあとも」
詳細はこちら

また、セント・プラス少額短期保険では同じく80歳以上でも告知項目に該当しなければお申込みが頂ける、介護保険・認知症保険も扱っておりますので、高齢になられた親御さんの今後の備え一式を検討したい方は、合わせてチェックしてみてください。

セント・プラス少額短期保険
商品一覧はこちら

80歳以上の高齢者の方でも入れる保険、色々あります!

上記で紹介した以外にも、80歳以上の方がお申込み頂ける商品をライフィでは様々お取り扱いしております。上記でも紹介しているような定期タイプのものもあれば、一生涯保障される終身タイプもあります。また、死亡時に備えるものだけではなく、入院時に備えられるものも。
お客様のご不安ごとに合わせて、保険商品を見比べてみてください。

80歳以上の高齢者の方もお申込み
できる死亡保険商品一覧はこちら

80歳以上の高齢者の方もお申込みできる
医療保険商品一覧はこちら

持病のある80歳以上の方はこちら!
引受緩和型医療保険商品一覧はこちら

参考ページ : 長生きがリスクに
参考ページ : 生命保険の選び方。生命保険の仕組み

タグ:, , , , , ,