法人の自動車保険の補償内容ってどのようにして決めていますか?
保険の営業マンにまかせている?
なんとなく、今まで通りだから、補償内容はよくわかっていない?
なんて事はありませんか?

 確かに法人の自動車保険って難しく感じてしまいますよね?
でも、自分の会社を守るための保険ですので、その補償内容をしっかりと把握しておく必要があります。

 ここでは、法人契約の自動車保険の補償内容の決め方をわかりやすくご紹介します。
現在、加入してる自動車保険の補償内容が適切なのかを確認するためにも、ぜひ御覧ください。

法人の自動車保険の補償内容の決め方

 法人の自動車保険の補償内容の決め方をご紹介するには、まずは自動車保険の補償の説明が必要になりますので、簡単にご説明します。

自動車保険の補償内容

 さて、まずは自動車保険の補償の説明になりますが、自動車保険は大きく分けると6つの保険から成り立っています。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 車両保険
  • その他特約

上記の補償内容を簡単に説明しますと、下記のようになります。

対人賠償保険
対人賠償保険とは、事故の相手の怪我を補償するための保険です。相手の怪我の治療費や慰謝料を補償することができます。

対物賠償保険
対物賠償保険とは、事故の相手の自動車やバイク、携行品を補償するための保険です。相手の自動車の修理費用や自動車に積んであった荷物の損害をこれで補償することができます。

人身傷害保険
人身傷害補償とは、あなたの会社の自動車保険に乗っている方の怪我の補償です。
正規の搭乗装置に乗っている方が対象となっています。つまり、ちゃんと座席に座っていた方が補償の対象になりますよ。ということです。
窓から身を乗り出していたり、荷台に乗っている人は保険の補償外になりますので注意してください。

搭乗者傷害保険
人身傷害保険と同じく、あなたの会社の自動車に乗っている方の怪我を補償するための保険です。
人身傷害保険は実際にかかった治療費が実費で補償されますが、搭乗者傷害保険は実費ではなく契約時に決めた金額で補償されます。
つまり、どんなに大きな怪我をしても、決まった金額しかもらう事はできません。

車両保険
あなたの会社の自動車保険の修理費用を補償する保険です。
事故の際には、相手の自動車保険は対物賠償責任で過失割合分は補償されますが、自分の会社の自動車を直す費用がかかります。
その費用を補償するための保険です。

「その他の特約」
他に、自動車保険は特約があります。
特約については、ここでは省略しますが、どのような特約が必要なのかをしっかりと判断してください。

自動車保険の補償内容の決め方

 さて、本題になります。
自動車保険の補償内容の決め方をご紹介します。

対人賠償保険の決め方

 自動車保険の補償の中で最も重要な補償の一つが対人賠償保険です。
賠償責任保険は事故の相手の怪我の補償になりますので、基本的には無制限をおすすめしています
高額な賠償命令も多数ありますので、上限を設けるのは非常に危険です。
「保険料を少しでも節約したい、、」と思われる法人様が多いですが、保険料は上限1億円と無制限を比べてもほとんど変わりませんので、是非無制限に設定するようにしましょう。

対物賠償保険の決め方

この対物賠償保険も自動車保険では非常に重要な保険です。
この補償もできれば、対人賠償保険と同様に無制限を選択するようにしましょう。
万が一高額な精密機器を積載したトラックやなどと事故をおこすと積載物の費用やトラックの修理代、代車代、、、合わせて数億円なんて損害になる可能性も十分に考えられますし、万が一首都高などの高速道路上での事故は高額な賠償請求がくることもあります。実際に十億円以上の損害なんてこともあったようです。
そのようなことを考えると、対物賠償保険も無制限をおすすめします。

人身傷害保険の決め方

人身傷害保険の保険金額は、3,000万円~無制限の保険金額と幅広くなっています。
法人様によって加入している保険金額は様々ですが、車に乗られる方が従業員なのか、役員なのか、年齢や収入、家族設定などにてらして保険金額を設定するようにしましょう。

搭乗者傷害保険の決め方

搭乗者傷害保険の決め方は、保険に詳しくない方は悩んでしまう部分ですね。
搭乗者傷害がついていないと、同乗者のケガは補償されない!?」と勘違いしている方がいらっしゃいます、同乗者も人身傷害保険でしっかりと補償がされています
搭乗者なんて名称なので分かりにくくなっていますね。

 実はこの搭乗者傷害保険、補償を付けていない法人様も多くいらっしゃいます。
人身傷害保険で車に乗っている方のケガが補償されるので、さらに上乗せで保険金額が支払われる搭乗者傷害保険は不必要と考える法人様が多いようです。

車両保険の決め方

車両保険は補償をつけると、保険料が大きく変わってしまいますので、車両保険を付けない法人様も多くいます。
しかし車両保険は、法人様の自動車保険では非常におすすめです。
事故の際には、自動車保険を使って、自動車を修理することになりますが、過失割合によっては、たとえ「もらい事故」でも、自社の車の修理費用を捻出しなければなりません。
事故を起こしてしまった時、資金繰りが厳しくて修理費用が捻出できないなんて場合には、自動車の修理ができないなんてことにもなります。
事故を起こした自動車が、運転するのに支障がない状態でも、壊れていたり凹んでしまっていたら、法人としての信用力に影響が出る可能性もありますよね?
だから法人契約に車両保険はおすすめの補償なのです。

「自動車保険の特約」

 自動車保険の特約には本当に様々な特約が存在します。
必要に応じて特約を選択するようにしましょう。

法人自動車保険の補償内容の決め方のまとめ

 いかがでしたでしょうか?
自動車保険は難しいなんて思っていた方も、補償内容を分けて考えると簡単でしょう?
自社でご加入の自動車保険の補償内容は、万が一の時に慌てないようにするためにも、しっかりと把握するようにしましょう。

当社では、人気の自動車保険ランキングをご紹介しています。
あなたにとって安心できる自動車保険選びのお役に立てれば幸いです。
是非、人気の自動車保険ランキングをご覧になってください。

▼自動車保険ランキングはこちら▼

自動車保険ランキングはこちら