医療保険の入院限度日数を知りたい

医療保険にはたくさんの種類や契約方法があってなかなか分かりにくいですよね。このページでは「入院限度日数」について解説します。

医療保険の「1入院」とは?

医療保険のパンフレットを見ていると『1回の入院30日』『1入院60日』『1回の入院120日』などという説明があります。
『1入院(いちにゅういん)』や『1回の入院』とはどんな状態のことをいうのか、ご存知ですか?

1入院(1回の入院)とは?

医療保険のパンフレットなどに記載されている給付内容を表す言葉の一つです。
病気あるいはケガなどで1回の入院に際し、入院してから退院するまでの期間をさします。

医療保険では1入院何日まで入院給付金を受け取れるの?

現在販売されている医療保険には、1入院(1回の入院)で30日・60日・120日などの短い期間を保障するタイプと360日・730日などの長い期間を保障するタイプがあります。

最近は、支払限度日数が60日の医療保険が多くなっています。「1入院の支払限度日数60日」の医療保険に加入していた場合、病気やケガなどで71日間入院したとしても、60日分の入院給付金しか受け取ることができません。

そのために、「1入院の支払限度日数はできるだけ長いほうがいい!」と思いますよね。
ところが、1入院の支払限度日数が長くなる分、保険料が上がってしまうというデメリットがあります。

毎月の保険料を考えると「1入院の支払限度日数は短いほうが良い」とも言えます。保障と保険料のバランスを考えましょう。

実際の入院日数はどれくらい?

では、私たちが病気やケガで入院した場合、どれくらいの期間入院するのでしょうか?データを見てみましょう。公表されているなかで直近の平成17年患者調査によると、入院期間が2カ月未満という人が多いことがわかります。
入院患者数の入院期間別構成割合
出典:厚生労働省「患者調査」(平成17年)
上のグラフは平成17年10月の3日間のうち病院(精神病床は除く)ごとに指定した1日における入院患者の構成割合を表しています。
退院患者の在院期間別構成割合
出典:厚生労働省「患者調査」(平成17年)
上のグラフは平成17年9月1日~30日の1ヶ月のうち、病院(精神病床は除く)を退院した患者の構成割合を表しています。

退院した方の統計を見ると、90%以上の方が2ヶ月以内に退院していることがわかります。つまり、入院期間はおおよそ60日以内であると考えられます。

病気別の平均入院日数はどれくらい?

主な病気の平均入院日数※は31.5日です。病気の種類によって差がありますが、60日を超える入院が必要な病気は限られていることがわかります。また、病気の種類によっては入院期間が1週間に満たないものもあります。
入院在院日数
出典:厚生労働省「患者調査」(平成26年)
※上記表の「平均在院日数」とは、調査期間中の退院患者について病気別・年齢別条件によりそのときの入院期間を単純に平均化したものであり、病気別の完治までの平均入院日数ではありません。

医療保険の1入院の入院限度日数は何日あればいいの?

平均入院日数からみれば、1入院の限度日数は、60日あれば多くの病気をカバーできると思われます。

ですから、『1入院の限度日数は60日まで保障される医療保険』であれば、入院への備えは基本的にカバーできると考えられます。

「でも1入院60日では不安…」という方

脳血管疾患など一部の病気や骨折などのケガを考えると、1入院日が60日では足りないことも考えられますので、ご心配な場合は、七大生活習慣病の入院に手厚い医療保険も検討して、安心できる保障を確保してください。
七大生活習慣病
七大生活習慣病で入院された場合には、1入院の支払限度日数が120日に拡大します。
(七大生活習慣病以外の病気で入院した場合には、60日が入院の限度になります)
長期化しやすい生活習慣病の入院をしっかりとカバーすることができる商品です。

2つの医療保険に分けて加入する

例えば、七大生活習慣病による入院は、1入院の保障日数が120日になる医療保険と、1入院60日の別の医療保険にそれぞれ入院日額5千円ずつ加入して、60日までの入院は2つの医療保険から5千円ずつ合計1万円を受取り、61日~120日目の入院は七大生活習慣病の医療保険から5千円を受取るというのも安心かもしれませんね。定期医療保険は短期的(例えば10年)などで加入すると保険料を抑えることも可能です。

『医療保険』はこちら

医療保険人気ランキングはこちら

参考ページ:医療保険の入院日額は5千円?1万円?