共済保険の総加入者件数は5600万件ともいわれ、国民の二人に一人は何らかの共済に加入していると言われています。
なんといっても共済の最大の魅力は掛金のお手頃さ。保障内容にもよりますが、月々2,000円程度からの手頃な掛金で、保障も充実。支払状況によって決算ごとの割戻金がある場合もあるため、負担はさらに少ないものになっています。生命保険や医療保険よりもお申し込み手続きも簡略化されているため、手軽に加入できるのも魅力の一つ。だから多くの方が加入しているんですね。

50才代後半の方に、医療共済の更新の前に確認してほしいこと。

魅力的な医療共済・生命共済ではありますが、少々不安なことがあるのです。それは、60歳・65歳などあらかじめ定められた年齢に達すると、各共済によって異なりますが、掛金は同じでも、保障内容が変わってしまう可能性があります。

50才代後半から医療共済だけでは十分ではない場合も!?

「とりあえず共済をかけているから安心」と思っていても、いざ受け取りの場面で「あれ?もっと保障があると思っていた」「ずっと同じ内容で続けられると思っていた」と後悔することになるかもしれません。
また、歳を重ねれば重ねるほど、病気・ケガになって、入院や手術などになる可能性は増加します。もし、病気にかかってしまってから、他の保険や共済に加入したくても入れなかったり、高い保険料や掛金になってしまう場合がございます。

現在加入されている医療共済の保障内容が将来どう減額されるか?をきちんと把握した上で、将来ご自身が必要とされる保障が医療共済で確保できるかどうか?をまずは一度、ご確認されることをお勧めいたします。

医療共済と比較したい定期タイプの医療保険

「保険料は変わっても保障内容が変わらない保険はある?」「50代からでも申し込める保険はある?」「できれば保険料は手頃な金額におさえたい…」

そんな方は、まず定期タイプの医療保険をご検討頂くのが良いでしょう。
定期タイプの医療保険は保障期間が一定で、保険料が掛け捨てになっています。その分、保険料は抑えられていますので、上手に活用することでお手頃に保障を備えることができます。

50代の方でも申し込める
定期医療保険はこちら

また、持病で通院や投薬をされており健康状態の告知などがご心配な方もいらっしゃると思います。そんな方でもお申込みしやすい「引受基準緩和型」と呼ばれる、健康状態の告知項目が限定されている商品もあります。

50代の方でも申し込める
引受緩和型定期医療保険はこちら

高齢だからこそ入院日額5000円はほしい

共済は民間の保険会社より、掛け金が割安で、たいへん魅力的です。高齢になっても同じ保障が得られるのならよいのですが、年齢が上がるにつれて保障の内容は下がってしまう可能性も。それに気づいてから民間の保険に加入しなおそうとしても、年齢が上がっていると、高額な保険料になってしまうのは避けられません。そして、あまりの保険料の高さにやむなく加入をあきらめて、無保険状態になってしまう事態は避けたいです。早い段階でご自分の契約がどういった内容であるかをご確認されることをお勧めいたします。

 また厚生労働省の調査によると、1人当たり医療費を年齢階級別にみると、年齢とともに高くなり、70歳代までは外来(入院外+調剤)の割合が高いが、80歳代になると入院(入院+食事療養)の割合が高くなる、というデータもあります※。高額療養費制度を利用した場合でも、差額ベッド代などのことを考えると、最低入院日額5000円程度の保障は確保したいものです。

自分にあった保障を選ぶ

ここでは「年齢が高くなることで掛け金が一定で保障が減る」タイプの保険(共済)と「年齢が高くなることで掛け金は一定で保険料があがる」タイプの保険(共済)を例にあげて説明してきました。共済を選ぶ場合でも、保険を選ぶ場合でも「共済も保険も比較し、それぞれの個別の保障内容に基づいて、自分に合った保障制度を納得してから選択する」ことが重要です。
評判の良さや単純に保険料や掛金のみならず、制度のバックグラウンドや特約・自分のライフスタイルなど幅広い観点からの検討をお勧めします。最終的に払い込む保険料・掛金の総額もぜひ、計算してみてください。

医療保険一覧はこちら

参考ページ:医療保険に入ろうと思っています。でも、入院給付金日額はいくらにしたらいいの?

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」(2017年)