生命保険に加入する前に、まずは「生命保険はいくら必要か?」を自分で計算して見ましょう!

万が一のとき、遺されたご家族に必要な保障額をシミュレーションしてみませんか?

家族の安心を得るために必要な世帯主の必要保障額をまずは計算してみましょう。
必要保障額がわかったら、過大な保険金を設定する事無く、ムダの無い保険加入が可能です。

必要保障額計算のポイント

必要保障額の計算には、いくつかの要素に分けて算出したほうが解りやすいです。

  1. 葬儀費用・・・・・・お葬式やお墓の準備、概ね300万円~500万円
  2. 住宅費用・・・・・・賃貸の方は住宅費用を計算
  3. ご家族の生活費用・・毎月10~15万円など、奥様+お子様の1ヶ月の生活費を経済的に安定できるまでの期間分
  4. 子供の学資準備・・・大学卒業までの子育て費用
  5. 自動車ローンなどのローンの残債を清算するための費用

上記の目安を参考に、生命保険の必要額を計算してみてください。ご自身・家族の生命保険について考える前に、まずは必要保障額を計算し、保険加入の目安にしましょう。

シミュレーションイメージ

必要保障額を確保した場合の保険料シミュレーションをはじめる

必要保障額をご自身で確認ができたら、いよいよ保険の検討です。
生命保険と一口に言っても、万が一のことがあった時にお金が入るタイプだけではなく、貯蓄性のあるタイプや介護に備えられるタイプなど様々な特徴があるのをご存知でしょうか?
まずはそれぞれの商品の特徴を見て頂き、どの商品がご自分・家族に必要な備えをするのにピッタリかを考えてみてください。
その次に、上で考えた必要額を準備すると保険料はいくらくらいになるかをネットシミュレーションまたは資料請求をして確認してみましょう。
保険料を抑えたい方は、終身タイプだけではなく定期タイプの保険もチェックしてみると良いでしょう。

ご自身。家族の安心のため、より良い保険探しをしていきましょう!

終身保険のシミュレーション・資料請求はこちら

定期保険のシミュレーション・資料請求はこちら

収入保障保険のシミュレーション・資料請求はこちら

参考ページ:遺族年金の受給額はいくら?