T&D保険グループのT&Dフィナンシャル生命保険株式会社は、『無配当終身医療保険(無解約払戻金・I型)「家計にやさしい終身医療」』を、2017年2月2日より販売開始します。

「家計にやさしい終身医療」は、T&Dフィナンシャル生命がグループ各社の協力を得て、顧客の多様なニーズに応えるために開発した医療保険。

同社によると、以下のような特徴があります。
1.タバコを吸わない人(過去1年以内に喫煙歴が無い場合)の、主契約保険料を割り引きます。
2.短期入院や生活習慣病へのオプションが充実しています。
  ・短期入院・外来手術保障充実特則(日帰りから9日以内の入院は入院給付金が一律10日分、外来手術は手術給付金が倍額)
  ・八大生活習慣病入院無制限給付特則(がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・腎疾患・肝疾患・膵疾患による入院なら、入院給付金の支払日数が無制限)
3.健康給付特則で、継続10日以上の入院が無い場合は、90歳まで5年に1回、入院給付金10日分の健康給付金を受け取ることができます。
4.主契約の手術保障は、公的医療保険制度の給付対象となる手術をカバーするほか、先進医療や放射線治療、骨髄移植術も保障します。また、先進医療給付特約は、技術料と同額を2,000万円までなら何度でも、受け取ることができます。

http://www.tdf-life.co.jp/newsrelease/pdf/20170124.pdf