SOMPOホールディングス株式会社は、同社の100%子会社である損害保険ジャパン日本興亜株式会社を通じ、その100%子会社であるSompo Canopius AG 社の全株式を譲渡する株式譲渡契約をCenterbridge Partners, L.P.社の関連会社が運営するファンドが出資する英国王室属領ジャージー島法人であるFortunaHoldings Limited 社と、2017年9月1日に締結したと発表しました。

2014年5月のCanopius 社の買収後、同社はSOMPOホールディングスのグループ欧米事業を牽引してきました。しかし、SOMPOホールディングスは、2016年10 月に欧米を中心とする元受・再保険事業グループであるEndurance SpecialtyHoldings Ltd.グループ(現Sompo International)の買収を発表し、Sompo International 社を、海外戦略におけるグローバルコマーシャル事業のプラットフォームと位置づけることとなりました。そのため、Canopius 社の体制について、さまざまな選択肢を検討してきましたが、Canopius 社を売却することが、最適な選択肢であるという結論に至ったということです。

なお、SOMPOホールディングスは今後もCanopius 社と各種ビジネスにおけるパートナーシップの関係を維持していくということです。