SOMPOホールディングス株式会社は、RIZAPグループ株式会社と、健康寿命延伸に資する商品開発の検討や各種研究等を共同で実施することを目的に、2018年11月13日に業務提携契約を締結したと発表しました。その第一弾として認知機能低下予防を目指す新プログラムの開発を検討するということです。

両社グループが開発を目指すプログラムは、「健康増進プログラム」をベースとして、認知機能低下の予防が期待できる運動や食事、学習等のコンテンツを盛り込む予定です。開発後は、SOMPOホールディングスの顧客や販売ネットワーク等を活用して順次展開するとともに、共同研究等により効果を検証しプログラムを進化させていくということです。

SOMPOホールディングスは保険事業を中心に介護・ヘルスケアの事業などに事業を拡大し、2017年9月よりSOMPO認知症サポートプログラムを展開しています。またRIZAPグループのRIZAP株式会社は、パーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」で12万人以上のボディメイクをサポートしてきました。そこで得たノウハウを活かして、2017年から法人や自治体向けに「健康増進プログラム」を展開しています。

文: 蟹山淳子