SOMPOホールディングス株式会社は、米国シリコンバレーの研究機関及びインキュベーター(起業家支援を行う事業者)とパートナー契約を締結したことを発表しました。

昨今、自動車を取り巻くデジタル技術が急速に発展している状況を受け、SOMPOホールディングスは、自動車、AI、ロボティクス分野などにおける最先端の研究開発に参画するため、スタンフォード大学の研究機関「CARS」とインキュベーター「Comet Labs」と提携することとなりました。

「CARS」は、人を中心としたモビリティの未来と、人と機械がどのように効果的に共存するかを研究するために設立された機関です。また「Comet Labs」はAIやロボティクス分野のベンチャー企業を支援するインキュベーターです。SOMPOホールディングスは、世界的に加速するデジタル化の流れをいち早く掴み、グループの各事業における商品やサービスの改革に資する研究・開発を推進することを目指しているということです。