SOMPOホールディングス株式会社とアフリカを中心に国際送金サービスを展開するスタートアップ企業BTC Africa A.C.(BitPesa)は、11月8日、国際送金サービスのデジタル化を推進するために業務提携を進めることに合意し、SOMPOホールディングスはBitPesaに出資したと発表しました。

SOMPOホールディングスが株主に加わったことで、BitPesaは国際的な信用が高まり、市場と顧客基盤の拡充が期待できます。また、SOMPOホールディングスは、BitPesaの技術を活かして、送金・決済に関する実証実験を行いながら、国際送金サービス市場で存在感を高め、保険分野へ技術を応用することを検討するということです。

昨今、人やモノ、データ、サービスなどが国境を越えて活発に行き来するようになり、国際送金の役割が大きくなってきました。しかし、国際送金には割高な手数料と時間がかかることが課題となっており、その解決が期待されています。そこで両社は、仮想通貨を活用して、低コストで時間のかからない国際送金サービスを開発するため、業務提携することとなりました。

文: 蟹山淳子