SOMPOホールディングス株式会社と、SOMPOシステムズ株式会社は、グループ各社で収集したデータをリアルタイムに解析し、瞬時に経営に活かすためのAI工場「エッジAIセンター」を、保険業界では初めて構築したことを発表しました。なお、AIサーバを集積させるハウジングスペースおよびデータ集積に活用するアマゾンウェブサービスとAIセンターを接続する閉域ネットワークの構築は東日本電信電話株式会社が担当したということです。

昨今、IoT技術の進歩により、ビッグデータが蓄積され、ディープラーニングなどのAI技術でデータを解析して、実ビジネスに活用する動きがあらゆる産業・分野に広がっています。その一方で、収集されるデータと、そのデータ解析に必要とするコンピューティングリソースが飛躍的に増加し、ネットワーク負荷や遅延を最小化するためのシステムやネットワークの構築が必要とされています。そこで、SOMPOホールディングス、SOMPOシステムズ、NTT東日本の3社が連携して、ネットワーク負荷や遅延を抑えてデータのAI処理を実行するAIセンターを構築したということです。

新しいAIセンターにおけるAIシステムの第1弾として、今夏より独自のディープラーニング技術を実装したAIシステムを運用開始し、業務の自動化やサービス品質の向上を図る予定であるということです。