SOMPOホールディングス株式会社は、国立大学法人お茶の水女子大学と「QOLの向上と健康寿命の延伸」ならびに「生涯学習社会の実現」を目的として包括連携協定を締結したと発表しました。

お茶の水女子大学は、1875年の創立以来、グローバルに活躍できる人材の育成に取り組み続けてきました。また2016年に「ヒューマンライフイノベーション開発研究機構」を開設するなど、人間の心身の健康と生活環境の向上を目指して研究を続けています。一方、SOMPOホールディングスでは、女性管理職比率を2020年度末には30%まで増やすことを目指し、「女性経営塾」、「メンター制度」などの施策を展開しているほか、2015年度には介護事業に参入し、日本で最も信頼される介護ブランドを構築することを目標としています。

SOMPOホールディングスとお茶の水女子大学は、お互いの特徴や強みを活かし、ビジネスリーダーとして活躍する女性の育成や、人々のQOLの向上、健康寿命の延伸に役立つ研究開発・人材育成等の分野で連携を図るため、包括連携協定を締結し、以下のような取り組みを行う予定です。
(1)高齢者の運動・栄養に関する研究開発
(2)介護職員向け人材育成・カリキュラムの開発
(3)女性リーダーの育成

http://www.sompo-hd.com/~/media/hd/files/news/2017/20170309_1.pdf