SBI生命保険株式会社は、国が推進する「税務手続きの電子化に向けた取組み」にともない、生命保険料控除の適用を受ける際に必要とされている生命保険料控除証明書の電子データによる提供を、2018年(平成30年)分より開始すると発表しました。

同社は2018年9月25日より、契約者が紛失等により2018年分の控除証明書の再発行の申し出をした場合、控除証明書に記載すべき事項が記録された電子データを提供することとしました。同社は、来年以降も、控除証明書電子化の範囲を拡充するなど、生命保険料控除制度に係る年末調整等の事務手続きを簡素化・合理化し、より迅速な顧客対応を行っていく予定ということです。

文: 蟹山淳子