SBI生命保険株式会社は、健康総合企業の株式会社タニタの子会社で健康サービス事業を展開する株式会社タニタヘルスリンクが第三者割当増資により発行する株式を引き受けることで合意したと発表しました。

このたびタニタヘルスリンク総額35億円の第三者割当増資を実施し、タニタのほか官民ファンドの株式会社 INCJ、ヘルスケア分野との親和性が高い事業パートナー4社が引受先となります。

タニタヘルスリンクでは、この資金を活用して、タニタのほかINCJ、事業パートナー4 社(株式会社イトーキ、一般財団法人淳風会、株式会社日立システムズ、SBI 生命)と連携し、各社のヘルスケア関連情報やサービス、システムなど融合させ、誰でも利用できるオープンプラットフォームを構築し、企業や自治体の健康経営・健康投資の推進、利用者の疾病予防や健康づくりに向けて、新しいヘルスケア事業を2019年度中にスタートさせる予定です。

文: 蟹山淳子