三井住友海上火災保険株式会社および、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社インターリスク総研は、アジアで急増する交通事故の防止・削減に向けて、運転技術やマナーの向上を図る新たな事故防止サービス「ARM (Automotive Risk Management) 」を共同開発したと発表しました。すでに2016年10月よりタイで先行提供を始めているもので、今後アジア各国に拡大して提供する予定です。

同社によると、新たな事故防止サービスは、以下のような「ドライバー向け」と「管理者向け」の2種類のメニューで構成されており、実施企業の業種や想定される事故発生状況に応じて組み合わせ、最適なプランを提供します。
【ドライバー向け】
 ・安全運転研修  現地ドライバー向けの研修により、参加者の安全意識を高めます。
 ・交通KYT(交通危険予測トレーニング)  タブレット端末を使い、実際の運転動画を見ながらトレーニング、ディスカッションを行います。
 ・運転適性診断(機器診断)  運転適性診断機器を使用し、運転適性を総合的に診断します。
【管理者向け】
 ・安全運転セミナー  現地法人の管理者・経営者向けに、安全管理の意義から具体的な管理方法まで幅広く説明します。
 ・ドライブレコーダー診断  ドライブレコーダーを用い、ドライバーの運転特性を把握して分析レポートを提供します。
 ・自動車事故分析  企業の事故データを分析して、今後の対策をまとめたレポートを提供します。
 ・事故多発箇所分析サービス  自動車の事故データをもとに、事故多発箇所を特定した事故多発マップを提供します。