AIG損害保険株式会社は、企業のサイバーリスク対応の成熟度やビジネスへの影響度を分析診断するサービスを、2018年12月を目途に開始すると発表しました。

このサービスの内容は、各企業の業種、規模、リスク特性に応じた質問項目へ回答すれば、リスクスコアやビジネスへの影響度、推奨される対策などを評価・分析し、分析結果をレポートにして企業に知らせるものです。

レポートを、サイバーリスク対策を検討する資料とするだけでなく、質問項目をチェック表として、リスク対策の状況確認に利用することもできます。また、分析に用いるデータベースは、定期的に最新状況に合わせてアップデートされるので、AIG損保のサイバー保険「CyberEdge」を契約していれば、契約更改時などに、サイバーリスクへの対応状況を定期的に見直すことができます。
情報通信ネットワークが進化し、ビジネスがグローバル化したことで、サイバーリスクは急速に広がっています。しかし、脅威を感じていても、予想されるリスクや損失の判断ができず、対処方法が分からないという企業は少なくありません。そこで、アメリカのAIGは、各企業に起こりうるリスクを顕在化するサービスを開発しました。このサービスがサイバー保険最大のマーケットであるアメリカだけでなく、既に世界各国で活用されている実績を踏まえ、日本でもサービスが展開されることとなりました。

文: 蟹山淳子