アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、2018年1月22日に再保険・元受保険およびアセットマネージメントサービスのリーディング・カンパニーであるヴァリダス・ホールディングス・リミテッドの全発行済み株式を取得する正式契約に至ったことを発表しました。

AIGプレスリリースによると、同社は今回の買収について特殊商品、展開地域を通じて多様かつ相互補完的で魅力的な事業基盤の拡充につながること、業界をリードする再保険の引受け、ロイズでの評判が高い事業活動、米国の国内市場におけるより充実した商品ラインアップ、そして保険関連の有価証券のアセットマネージャーを加えることによってAIGの損害保険部門の能力を大幅に強化させることを目的としているとのことです。

また、ヴァリダス社の株主に対しては1株当たり68.00ドルが現金支給され、取引の合計額は55.6億ドルになるとのことです。