今月から、セルフメディケーション税制が始まります。平成29年1月1日以降にスイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入すると、その購入費用について所得控除を受けられます。

セルフメディケーション税制は、従来の医療費控除の特例に当たるものです。会社の定期健康診断や特定健診、予防接種、がん検診などを受診して、健康維持に努めた人が、自分や家族のOTC医薬品を購入した場合に適用できます。1年間での購入額が1万2千円を超えると、その超える部分について、上限8万8千円までを、所得税に対象になる総所得金額から差し引けます。

セルフメディケーション税制について、詳細は下記厚生労働省のサイトもご参照ください。
→厚生労働省厚生労働省