金融庁は、2月3日に「家計の安定的な資産形成に関する有識者会議」を設置したと発表しました。

この会議は、「顧客本位の業務運営に関する原則」の策定など、金融機関での顧客本位の業務運営の確立・定着に向けた取組みを進めていることに加え、積立NISAの創設など、家計に対する実践的な投資教育や情報提供などの取組みを進めていくための有識者会議。

有識者会議では、長期・積立・分散投資の促進や、実践的な投資教育・情報提供などについて議論・検討を行うとしています。

http://www.fsa.go.jp/news/28/sonota/20170201-1.html