SBI生命保険株式会社と近畿大学は、AI(コグニティブ・コンピューティング・システム)を活用したがん遺伝子パネル検査に基づき、患者に最適な抗がん剤治療法を提示する体制を構築したと発表しました。

2018年夏から、近畿大学医学部附属病院は治療中のがん患者を対象に AI(コグニティブ・コンピューティング・システム)を活用したがん遺伝子パネル検査の実施可能性を問う研究を先行実施してきました。
同社によれば、がん遺伝子パネル検査は、「患者一人ひとりの微小ながん組織または血液から遺伝子情報を解析して、その方に最適な治療法を診断するものです。がんの標準治療が効かなくなり使用できる薬がなくなった場合でも、効果が期待できる薬物治療を見つけられる可能性があるという、遺伝子検査技術です」ということです。
ただ、遺伝子パネル検査は、現在のところ保険診療ではなく、検査やその後の薬物治療を受けるには高額な費用がかかります。そこで、同社は本研究にかかる費用を支援し、検査・治療にかかる高額費用を削減するための保険商品を開発する研究を開始します。

なお、本取組みで解析を行う遺伝子は、がんの病変部分の遺伝子で、通常の「親の体質が子に伝わる」遺伝子ではありません。また、同社は、個人が特定されないよう匿名化された情報のうち、がん種、年代、性別と、遺伝子解析などの費用や検査所要日数の情報を、近畿大学医学部附属病院から受け取りますが、がん患者の個人の機微情報、がん遺伝子解析結果、診断結果の情報は受け取らないということです。