第一生命は今年4月、生保業界として初めて自社保有ビルへ学童保育を誘致します。

同社では、保育所入所待機児童問題の解消に向けて保有ビルへの保育所誘致の取り組みを推進していますが、同様に社会課題となっている学童保育についても、待機児童問題の解決に向け、誘致検討を進めています。その結果、保育所運営会社(株式会社ピノーコーポレーション)と連携し、第一生命野方ビル(東京中野区)に学童保育併設型の認可保育所を誘致します。同園の定員(予定)は保育所が98人、学童保育が40人。

同社では、保有ビルでの全国保育所入所待機児童数(2011年4月時点)の約1割に相当する2500人の児童受け入れに向けて取り組みを推進しています。今回の保育所誘致により、保有不動産での保育所開設は14か所となり、受け入れ可能児童数は769人になります。

(2016年1月29日)

参考ページ : 子供の学業費用、いくら掛かるの?