第一生命保険株式会社、第一フロンティア生命保険株式会社、ネオファースト生命保険株式会社の3社は、行政書士法人コスモと協定を締結し、2018年7月から死亡保険金等の請求に必要な書類を代行取得する専門家を紹介する取組みを開始したと発表しました。

死亡保険金等を請求する際は、戸籍謄(抄)本の提出が必要となるケースがありますが、本籍地が遠方である場合などは、手続きが分かりにくく、申請や返送手配等に時間や手間がかかり、スムーズな保険金請求が難しい場合がありました。また、一般的な戸籍代行取得等のサービスを利用する場合にも、戸籍1通あたりの取付依頼料に加え、基本料金、実費(戸籍発行料、郵送費等)がかかるケースがありました。そのため、同社が2017年に行ったアンケート調査では、およそ3人に1人が「必要書類の代行取得サービス」を新た導入してほしいと希望していることが分かりました。

今回開始したサービスは、加入者がコスモ社に戸籍取得を申し込むと、1通当たり2,300円でコスモ社が戸籍を取得して相続関係説明図を作成し、加入者に送付するというものです。このサービスを利用することで、加入者が請求手続きの負担を減らし、迅速に死亡保険金等を請求できるようになると期待されます。

文: 蟹山淳子