第一生命保険株式会社は、生産性向上・働き方改革の推進に向けて、RPA(Robotic Process Automation)を全社業務へ導入開始すると発表しました。

同社によれば、RPAは「これまで人間のみが対応可能と想定されていた作業を代替して実行する技術として注目され」ており、人がしているPCの操作を実施し、複数のPCアプリケーションを操作でき、24時間360日稼働でき、大量処理でもミスをしないなどのメリットがあります。

同社は、2016年10月から、デロイトトーマツコンサルティング合同会社、アクセンチュア株式会社と共同で実証実験を行い、同社システムへの適用や導入できる業務を分析し、個人保険事務における約20の業務でトライアル稼働を進めてきました。2017年10月からは、マーケティング、総務・会計、資産運用など様々な業務にRPAの活用範囲を広げ、生産性向上、働き方改革を推進するということです。