第一生命保険株式会社は、2018年2月1日、公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)と、地域社会の活性化及び発展に向け、スポーツ振興をはじめとする社会貢献活動に関する包括連携協定を締結したと発表しました。

同社は、第一生命グループの第一フロンティア生命保険株式会社、ネオファースト生命保険株式会社、株式会社第一生命経済研究所等と協力しながら、全国の都道府県など地方自治体との連携し、地域の社会課題解決に取り組んでいます。またPGAは、ゴルフの普及を通じた「生涯スポーツの振興」を公益事業の使命として掲げ、ジュニア育成や研究活動、各種セミナーの開催などを通じた社会貢献活動に取り組んでいます。全く異なる業種同士ですが、地域に根付いた社会貢献活動に取り組む思想・姿勢に共感し、今回の協定締結となりました。

第一生命とPGAは、今後、(1)こどもの育成に関すること、(2)スポーツ振興に関すること、(3)健康増進に関すること、(4)その他、地域社会の活性化に関することで連携し、地域社会の活性化及や発展に向けて、社会貢献活動の協働を進めていくということです。