第一生命保険株式会社は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が選定した ESG 指数である「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」および「MSCI日本株女性活躍指数」に連動を目指す日本初の私募投信を運用会社と共同開発し、投資したと発表しました。

開発された私募投信は以下の2つです。
・ 「MSCIジャパンESGセレクトリーダーズパッシブファンド」(運用会社:アセットマネジメント One 株式会社)
  ベンチマークはMSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数(配当込み)
・ 「MUKAM日本株女性活躍インデックスファンド」(運用会社:三菱UFJ国際投信株式会社)
  ベンチマークはMSCI日本株女性活躍指数(配当込み)

同社によれば、「当該私募投信の開発により、当社の国内株式に係る投資手段の多様化に加えて、日本における ESG 投資の拡大に寄与することを目的としています」ということです。