第一生命保険株式会社は、ASEAN地域の中堅・中小企業を投資対象とするプライベート・エクイティ・ファンド「Exacta Asia Investment II LP」に対する30百万米ドル(約33億円)の投資を決定したと発表しました。

このファンドは、株式会社みずほ銀行が39.9%を出資するExacta Capital Partnersが運用を行います。Exactaは、ASEAN各国出身者で構成される投資チームが持っているローカルネットワークに加え、みずほ銀行が持っている日系企業のネットワークも活用しながら、投資先企業を選定し、企業価値向上を行っていく方針です。高い収益性が期待できるとともに、ASEAN地域の企業へ投資することで、地域経済の活性化へ貢献もしていくということです。