第一生命保険株式会社は、2018年2月9日、鹿児島県と、健康増進及び地域の一層の活性化と県民サービスの向上を目的として包括連携協定を締結したと発表しました。

鹿児島県と同社は、2013年11月に「がん対策推進企業等連携協定」を締結し、がん検診受診率向上に向けた取組みや県民の健康増進に努めてきました。また2017年11月には「鹿児島県女性活躍推進宣言企業」の登録によるダイバーシティ推進に向けた協働や、「かごしま子育て応援企業」の登録による子育てを応援する地域づくりの協働にも取り組んできました。今般、「地域の一層の活性化」と「県民サービスの向上」を目指して連携・協働を深めるため、包括連携協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、連携項目は以下の通りです。
(1) 健康増進に関すること
(2) 女性の活躍促進、子育て支援に関すること
(3) 青少年育成・教育に関すること
(4) 高齢者支援に関すること
(5) スポーツ振興に関すること
(6) 産業振興・産業活性化に関すること
(7) 環境保全の推進に関すること
(8) 県政情報の発信等に関すること
(9) その他地域社会の活性化及び県民サービスの向上に関すること