第一生命保険株式会社は、鳥取県と、健康増進及び地域の一層の活性化と県民サービスの向上を目的として包括連携協定を締結したと発表しました。

同社では、2012年から、鳥取支社が「がん検診推進パートナー企業」として、がん検診受診率向上のための取組みや、認知症、障害者の生活見守りサポート活動などにより、県民の健康増進や安心できる暮らしの実現に協力してきました。今回、包括連携協定を締結することで、「地域の一層の活性化」と「県民サービスの向上」を目指すということです。

同社のプレスリリースによれば連携項目は以下の通りです。
(1) 健康を増進させるための支援に関すること
(2) スポーツ振興に関すること
(3) 女性の活躍推進、結婚・子育て支援の推進に関すること
(4) 環境保全等の推進に関すること。
(5) 地域の活性化・県民サービスの向上に関すること