第一生命保険株式会社は、青森県と「相互の連携を強化し、青森県内における県民サービスの向上と地域の一層の活性化の資する」ことを目的として、包括連携協定を2017年1月17日に締結したと発表しました。

第一生命は、2014年8月に青森県と「青森県健やか力向上企業等連携協定」を締結してから、がん検診の受診啓発活動や、地域の安全・安心のための活動などを行ってきました。今般、青森支社の開設90周年を機に、幅広い分野で青森県と協働して地域貢献を推進するため、包括連携協定を締結しました。

同社によると、青森県等の包括連携協定項目は以下の通りです。
(1)「健やか力」総合推進に関すること
(2)スポーツ振興に関すること
(3)ワーク・ライフ・バランス、女性の活躍推進に関すること
(4)結婚・子育てに関すること
(5)高齢者支援に関すること
(6)地域経済の活性化に関すること
(7)県政広報に関すること
(8)環境保全に関すること
(9)地域の安全・安心に関すること
(10)地域の防災に関すること
(11)縄文ムーブメントの推進に関すること
(12)その他県民サービスの向上・地域社会の活性化に関すること

今後も第一生命は、グループのネットワークを最大限に活かしながら、青森県の地域課題解決を目指し、自治体との連携して取り組んでいきたいということです。

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_076.pdf